エクセルマクロ オンライン講座コメント紹介

コメント紹介
   └ 解説「伝票作成マクロ」
       └ データ転記先のシートすべてに対し、罫線を引く等の後処理をする

データ転記先のシートすべてに対し、罫線を引く等の後処理をする

[8035] 2017-04-21 11:14:39 松隈 利幸さんからの投稿です。

小川 様

お世話になります。
何度も復習しながら覚えていっています。
伝票マクロを何とか会社用に代えてみたのですが、
一部でどうしても引っかかるところがあります。
Private Sub ExeCreateDenpyo()
DeleteSheets
Dim lnFm As Long
Dim lnFmMx As Long
Dim st As String
Dim shFm As Worksheet
Dim shTo As Worksheet
Dim dt As Date
Set shFm = Worksheets("main")
lnFmMx = shFm.Range("E1048576").End(xlUp).Row
Dim lnTo As Long
For lnFm = 3 To lnFmMx
If st <> shFm.Range("E" & lnFm).Value Then
If lnFm > 3 Then
Keisen
End If
st = shFm.Range("E" & lnFm).Value
Sheets("main1").Copy After:=Sheets(2)
Set shTo = ActiveSheet
> shTo.Name = st
lnTo = 16
End If
shTo.Range("A" & lnTo).Value = shFm.Range("B" & lnFm).Value
shTo.Range("B" & lnTo).Value = shFm.Range("C" & lnFm).Value
shTo.Range("C" & lnTo).Value = shFm.Range("D" & lnFm).Value
shTo.Range("D" & lnTo).Value = shFm.Range("E" & lnFm).Value
shTo.Range("E" & lnTo).Value = shFm.Range("F" & lnFm).Value
shTo.Range("F" & lnTo).Value = shFm.Range("G" & lnFm).Value
shTo.Range("G" & lnTo).Value = shFm.Range("H" & lnFm).Value
lnTo = lnTo + 1
Next
goukei
Keisen
shFm.Activate
End Sub

> shTo.Name = st

のところでデバッグしてしまうのです。

この名前は既に使われています。別の名前を入力してください。
というメッセージがあります。
最初はうまくいっていたのですが、最近でるようになりました。
どこが悪いのでしょうか。
お教えください。
Excel2016を使用しています。

最後の動画配信後ずいぶん時間が経っている 松隈

 


[8036] 2017-04-21 11:22:57 小川慶一さんからの投稿です。

 松隈 利幸 さん:

>この名前は既に使われています。別の名前を入力してください。
>というメッセージがあります。

その名前はすでに使われているからです。

同じ名前のシートを複数作ることはできません。これはマクロ以前のエクセルの仕様です。

ということなので、そのエラーが出た場合は、その名前のシートがすでに存在しているのでは?と、探してみてください。

呼び出して使っている以下のプロシージャで、しっかり初期化(つまり、なくなるべきシートがすべてなくなっている状態にすること)ができていないのではないかと思います。
DeleteSheets

 


まずはここから!スマホでも学べる無料動画講座

今なら先着30名限定で無料!定価4,800円の、初心者のためのエクセルマクロ動画講座。
  1. Excel 97~Excel 2016まですべて対応。動画本数20本、総再生時間2時間44分53秒
  2. PC, Mac, iPhone, iPad, Androidのお好みの環境で、いつでも好きなときに学べます。
2004年から10年間述べ3,000名以上に実施した研修の経験と実績を集約した講座です。
いますぐ無料で試してください。

トップへ