いまさら聞けない!タイピングスピードをあげる方法 - エクセルマクロ 達人養成塾

この無料講座は、入力スピードの遅さ、タイピングしているときの自分のカッコ悪さに密かにコンプレックスをお持ちのあなたのための講座です。

そんなあなたが、こんな風になるためのすべての情報を載せています↓。

  1. カタカタカタカタ、と、リズムよい、気持ちのよいペースでどんどん入力できるようになる
  2. 同僚もびっくりするようなスピードで、エクセルなどのソフトの使い方をどんどんマスターできるようになる
  3. いかにもITのセンスがありそうな、見た目にカッコいい姿勢で入力できるようになる

エクセルにかぎらず、すべてのPC作業の基本は「タイピングの早さと正確さ」です。

タイピングが早くて正確ならば、メールを書くのもそれだけ簡単に早くできるようになります。
エクセルでの作業もそれだけ簡単に早くできるようになります。

たとえば、タイピングスピードがいまの3倍になれば、メールを書くのにかかる時間もいままので1/3で済みます。
タイピングスピードがいまの3倍になれば、エクセルでデータ入力するのにかかる時間もいままので1/3で済みます。

仕事の質も上がります。

メールを書くときもあっという間に書けるので、時間的、体力的、精神的な余裕もでてきます。
「説得力のある文章にしよう」と、書き直す余裕もでてきます。

エクセル仕事でも、あっという間に仕上がるので、時間的、体力的、精神的な余裕もでてきます。
「より説得力のある表にしよう」と作りなおしたり装飾したりする余裕もでてきます。

その差が、取引先からの信頼につながり、同僚からの信頼につながり、上司からの信頼につながります。
その結果、あなたの社内での評価があがり、評価の上昇が、ポジションやお給料に反映されていきます。

新しいスキルをマスターするのも早く簡単になります。

たとえば、VLookUp関数を書くスピードが3倍になれば、VLookUp関数を習得するスピードも3倍以上になります。

書き間違いではありません。「3倍」ではありません。「3倍以上」です。
短時間で集中して経験を積める分、上達のスピードは早くなります。たぶん5倍くらい早くなるでしょう。

エクセルマクロの習得でも同様です。


たとえば、以下のプログラムを書くとします。

Sub sikubunkatsu()
	Dim siku As String
	Dim ku As Long
	Dim cnt As Long
	For cnt = 2 To Range("A65536").End(xlUp).Row
		Range("A" & cnt).Value = cnt - 1
		siku = Range("C" & cnt).Value
		ku = InStr(siku, "区")
		Range("F" & cnt).Value = Left(siku, ku)
		Range("G" & cnt).Value = Mid(siku, ku + 1)
	Next
End Sub

このプログラムを「15分かかってようやく書けるAさん」と「5分で書けるBさん」との差は、「マクロを書き上げるのにかかる時間が3倍違う」だけにとどまりません。

Aさんは、15分で1回しか練習できません。
Bさんは、15分で3回練習できます。

この「1回しか練習できないか」、「3回練習できるか」の差は、「マクロをマスターできるかどうか」という歴然とした結果にモロに反映されます。

1回では見本なぞるだけで終ってしまうことも、3回やればマスターできます。

5分しかかけないでやったことを5分後に振り返ってやり直すのは難しいことではありません。
5分でできることなら、集中して15分で3回できるでしょう。
3回やれば、明日も覚えていることでしょう。

しかし、15分かかることとなると、話は違います。
15分の作業となると、一苦労です。

一苦労して疲れきったところで「15分かけてやった作業をイチから思い出してやりなおす」というのは、かなりの体力的、精神的な苦痛ですよね。
だから、やらない。「今日はもういいかな」と。
そして、1回やっただけなので、翌日にはもう覚えていません。「難しい、もうやる気しない」となって、挫折してしまいます。

この原理原則は、マクロにかぎらず、あらゆるスキルの習得に言えることです。
VLookUp関数、ピボットテーブルをマスターする。エクセルのショートカットキーを覚えてエクセル仕事の生産性をさらに3倍にする、...。あらゆるスキルの上達に関係します。

ITスキルを習得できるかどうかにいちばん関係するのは、、「理系かどうか」とか、「頭が良い悪い」とかの違いではありません。

「タイピングが早くて正確か」というだけの違いです。
もしあなたが入力スピードの遅さなどにコンプレックスをお持ちで、しかも、エクセルやそのほかのITスキルで上達に障害を感じているものがあるとしたら。
まっさきに疑って欲しいのは、あなたの「頭」ではなく、あなたの「手元」の問題のほうです。

くり返しますが、ITスキルを習得できるかどうかにいちばん関係するのは、「理系かどうか」とか、「頭が良い悪い」とかの違いではありません。
「タイピングが早くて正確か」というだけの違いです。

ですから、もしもここまでの説明を読んで「これは自分のことだ」と感じられたようでしたら、以下のような自分になることをまっさきに目指してください。

  1. カタカタカタカタ、と、リズムよい、気持ちのよいペースでどんどん入力できるようになる
  2. 同僚もびっくりするようなスピードで、エクセルなどのソフトの使い方をどんどんマスターできるようになる
  3. いかにもITのセンスがありそうな、見た目にカッコいい姿勢で入力できるようになる

そんな理想のあなたにどうすればなれるのか?
その答えが、この講座「いまさら聞けない!タイピングスピードをあげる方法」動画講座です。

タイピングスキルアップ動画1

タイピング練習ソフト「特打」を使用して、「ホームポジション」、「正しい指使い」について学びます。
まずは、速さよりも「正確に」打つことを心がけましょう。

タイピングスキルアップ動画2

文字を連続して入力する練習をします。
一文字ずつ「タン、タン」と入力するのではなく、2文字連続で「タターン!」と打つイメージで入力する練習です。

タイピングスキルアップ動画3

単語を入力する練習です。

入力する文字数が多くても、前回と同様、一文字ずつ入力しないで、手を止めずに一気に打つ練習をしましょう。

タイピングスキルアップ動画4

「特打」での、自分に合ったキー入力の設定、苦手な表現を繰り返し練習するメニューを紹介します。

「操作方法についてよくある質問」についてお答えします。

タイピングスキルアップ動画5

「操作方法についてよくある質問」の続きです。

また、タイピングが速くなることの効果についてもお話します。


いまさら聞けない!タイピングスピードをあげる方法

この講座は、オンラインで無料で受講できます。

申込画面へ

トップへ