エクセルマクロ オンライン講座コメント紹介

コメント紹介
   └ エクセルマクロ・VBA基礎編フォローアップ アドバンスド
       └ セル内の文字列から区切り文字を見つけ、その区切り文字の間にある文字列を切り出す

セル内の文字列から区切り文字を見つけ、その区切り文字の間にある文字列を切り出す

[10221] 2018-07-06 11:27:14 ゲストさんからの投稿です。

こんにちは。「【動画4】セル内の文字列から区切り文字を見つけ、その区切り文字の間にある文字列を切り出す」において不明点があります。

mae=ato

この部分の意味がよくわかりません。
その直後に「ato=n」と定義するのに、なぜ先に「mae=ato」を入れなくてはいけないのでしょうか・・・

ためしに「mae=ato」を削除してマクロを実行してみましたが、問題無く動きました。
お手数ですが、教えてくださると助かります。よろしくお願いいたします。

 


[10226] 2018-07-07 23:35:57 小川慶一さんからの投稿です。

ゲストさん:

お返事遅くなりました。

> ためしに「mae=ato」を削除してマクロを実行してみましたが、問題無く動きました。

試してみたのですが、同じには、なりませんね...。

○2-4行目:
・mae=atoあり:
栃木 ハナコ 担当(総務)
栃木 ハナコ 担当(経理)
栃木 ハナコ 担当(会計)

・mae=atoなし:
栃木 ハナコ 担当(総務)
栃木 ハナコ 担当(総務)、担当(経理)
栃木 ハナコ 担当(総務)、担当(経理)、担当(会計)

○13-15行目:
・mae=atoあり:
那覇 五郎 担当(総務)
那覇 五郎 担当(経理)
那覇 五郎 担当(会計)

・mae=atoなし:
那覇 五郎 担当(総務)
那覇 五郎 担当(総務)、担当(経理)
那覇 五郎 担当(総務)、担当(経理)、担当(会計)

※mae=atoがプログラム内で2箇所でてくのので、両方とも削除してから実行してください。


上記のとおりですので、結果が必要性をよく物語っているかと思います。
mae=atoがないと、3-4行目、14-15行目で「担当」で拾ってくる文字列を、「D列の先頭から△文字分」となってしまいます。

参考:

○文字列の一部を取り出す(応用例)
https://online.pc5bai.com/movie/index/27/155/



> こんにちは。「【動画4】セル内の文字列から区切り文字を見つけ、その区切り文字の間にある文字列を切り出す」において不明点があります。
>
> mae=ato
>
> この部分の意味がよくわかりません。
> その直後に「ato=n」と定義するのに、なぜ先に「mae=ato」を入れなくてはいけないのでしょうか・・・
>
> ためしに「mae=ato」を削除してマクロを実行してみましたが、問題無く動きました。
> お手数ですが、教えてくださると助かります。よろしくお願いいたします。

 


まずはここから!スマホでも学べる無料動画講座

今なら先着30名限定で無料!定価4,800円の、初心者のためのエクセルマクロ動画講座。
  1. Excel 97~Excel 2016まですべて対応。動画本数20本、総再生時間2時間44分53秒
  2. PC, Mac, iPhone, iPad, Androidのお好みの環境で、いつでも好きなときに学べます。
2004年から10年間述べ3,000名以上に実施した研修の経験と実績を集約した講座です。
いますぐ無料で試してください。

トップへ