受講生の声

エクセルマクロVBA外部連携講座を受講された方の成果報告です

パワーポイントのオブジェクトを、配列を使ってスマートに操作しています

匿名希望

PowerPointとVBAを連携させる際にいちばん苦労したのは、PowerPoint内にある大量のオブジェクトを調べ、個々のオブジェクトを調べ、個々のオブジェクトの「高さ」や「幅」の情報を得ることです。
これを 調べる際に配列を使うのが効果的であった事は以前記載しましたが、その後5PもののPowerPointをに連携させるマクロを作成する際、そのPowerPointに50個以上のオブジェクトがありましたので、さすがにまともに調べきれないと思いました。

その際に2日前の前半でテキストファイルのコントロールの話をされていた際、小川先生がログファイルを作成するのにこの機能を使えば便利とのお話があったのを思い出し、自分の作業に応用しました。

その結果、1日かかりましたが、PowerPoint内の全てのオブジェクトを配列で記憶、配列で記憶した付加情報を含む内容を全て、別のテキストファイルに書き込めるようになりました。
結果、オブジェクトの名前さえわかれば、「高さ」「幅」「テキストの中身」といった付加情報を簡単に整理、取得することができました。
上級セミナーを今後受けられる方には2日間の講義をもれなく受講する事をお勧めします。
PowerPointとVBAを連携させる際にいちばん苦労したのは、PowerPoint内にある大量のオブジェクトを調べ、個々のオブジェクトを調べ、個々のオブジェクトの「高さ」や「幅」の情報を得ることです。
これを 調べる際に配列を使うのが効果的であった事は以前記載しましたが、その後5PもののPowerPointをに連携させるマクロを作成する際、そのPowerPointに50個以上のオブジェクトがありましたので、さすがにまともに調べきれないと思いました。

その際に2日前の前半でテキストファイルのコントロールの話をされていた際、小川先生がログファイルを作成するのにこの機能を使えば便利とのお話があったのを思い出し、自分の作業に応用しました。

その結果、1日かかりましたが、PowerPoint内の全てのオブジェクトを配列で記憶、配列で記憶した付加情報を含む内容を全て、別のテキストファイルに書き込めるようになりました。
結果、オブジェクトの名前さえわかれば、「高さ」「幅」「テキストの中身」といった付加情報を簡単に整理、取得することができました。
上級セミナーを今後受けられる方には2日間の講義をもれなく受講する事をお勧めします。

トップへ