エクセルマクロオンライン講座 質問と回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料・有料のオンライン講座で 寄せられたメッセージの一部を紹介致します。

[7544] エクセルマクロの全体像

ゲストさんからの投稿です。

すごい!社内ですぐ使えそうです!

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7542] 発展編1 フォローメールセミナー 第11回

受講生さんからの投稿です。

小川先生、いつもお世話になっております。
印刷範囲とヘッダーを追加した伝票作成マクロの作成を致しました。

モジュールレベルの変数とプロシージャレベルの変数をうまく使い分けることがまだ難しいように感じました。
添削の程、何卒よろしくお願いします。


Option Explicit
Dim Mn As Worksheet
Dim Mn1 As Worksheet
Dim Amax As Long

Sub Denpyo_making()
Set Mn = Worksheets("main")
Set Mn1 = Worksheets("main1")
Amax = Mn.Range("B65536").End(xlUp).Row

Deletesheets1
Numbering
Narabikae
sheets_making
Narabikae2
syuseiH_C

End Sub

Sub Deletesheets1()
Dim Ws As Worksheet
Application.DisplayAlerts = False
For Each Ws In Worksheets
If Left(Ws.Name, 4) <> "main" Then
Ws.Delete
End If
Next
Application.DisplayAlerts = True
End Sub

Sub Numbering()

Mn.Range("A2").Value = 1
Mn.Range("A2").AutoFill _
Mn.Range("A2:A" & Amax), xlFillSeries

End Sub

Sub Narabikae()
Mn.Sort.SortFields.Clear
Mn.Sort.SortFields.Add Key:= _
Range("B1"), Order:=xlAscending
With Mn.Sort
.SetRange Range("A1:G" & Amax)
.Header = xlYes
.Apply
End With
End Sub

Sub sheets_making()
Dim Namae As String
Dim gyo As Long
Dim Nws As Worksheet
Dim dt As Date '日付
Dim saki As Long

For gyo = 2 To Amax
If Namae <> Mn.Range("B" & gyo).Value Then
If gyo > 2 Then
keisen_making '最初だけ罫線回避
End If
Namae = Mn.Range("B" & gyo).Value
Sheets("main1").Copy After:=Sheets(Sheets.Count)
Sheets("main1 (2)").Select
Sheets("main1 (2)").Name = Namae
Set Nws = Worksheets(Namae)
saki = 16
End If

dt = Mn.Range("C" & gyo).Value
Nws.Range("B" & saki).Value = Right(Year(dt), 2)
Nws.Range("C" & saki).Value = Month(dt)
Nws.Range("D" & saki).Value = Day(dt)
Nws.Range("F2").Value = Mn.Range("B" & gyo).Value
Nws.Range("E" & saki).Value = Mn.Range("D" & gyo).Value
Nws.Range("F" & saki).Value = Mn.Range("E" & gyo).Value
Nws.Range("H" & saki).Value = Mn.Range("F" & gyo).Value

If Mn.Range("G" & gyo).Value > 0 Then
Nws.Range("I" & saki).Value = Mn.Range("G" & gyo).Value
Else
Nws.Range("J" & saki).Value = Mn.Range("G" & gyo).Value
End If
Nws.Range("K" & saki).Value = Nws.Range("I" & saki).Value + Nws.Range("J" & saki).Value
saki = saki + 1
Next
keisen_making '最後の会社のシートに罫線つける
End Sub

Sub keisen_making()
Dim cNewmax
cNewmax = Range("B65536").End(xlUp).Row
Range("B16:K" & cNewmax).Select
Selection.Borders(xlDiagonalDown).LineStyle = xlNone
Selection.Borders(xlDiagonalUp).LineStyle = xlNone
With Selection.Borders(xlEdgeLeft)
.LineStyle = xlContinuous
.ColorIndex = 0
.TintAndShade = 0
.Weight = xlThin
End With
With Selection.Borders(xlEdgeTop)
.LineStyle = xlContinuous
.ColorIndex = 0
.TintAndShade = 0
.Weight = xlThin
End With
With Selection.Borders(xlEdgeBottom)
.LineStyle = xlContinuous
.ColorIndex = 0
.TintAndShade = 0
.Weight = xlThin
End With
With Selection.Borders(xlEdgeRight)
.LineStyle = xlContinuous
.ColorIndex = 0
.TintAndShade = 0
.Weight = xlThin
End With
Selection.Borders(xlInsideVertical).LineStyle = xlNone
Selection.Borders(xlInsideHorizontal).LineStyle = xlNone
End Sub

Sub Narabikae2()
Mn.Sort.SortFields.Clear
Mn.Sort.SortFields.Add Key:= _
Range("C1"), Order:=xlAscending
With Mn.Sort
.SetRange Range("A2:G" & Amax)
.Header = xlYes
.Apply
End With
Mn.Range("A2").Value = ""
Mn.Range("A2").AutoFill _
Mn.Range("A2:A" & Amax), xlFillSeries

End Sub

Sub syuseiH_C()
Dim cNewmax As Long
Dim c As Long
Dim Wh As Worksheet
cNewmax = Range("B65536").End(xlUp).Row

For Each Wh In Worksheets
If Left(Wh.Name, 4) <> "main" Then
With Wh.PageSetup
.LeftHeader = Wh.Name
.RightHeader = "&D"
.Zoom = 100
.PrintErrors = xlPrintErrorsDisplayed
.OddAndEvenPagesHeaderFooter = False
.DifferentFirstPageHeaderFooter = False
.ScaleWithDocHeaderFooter = True
.AlignMarginsHeaderFooter = False
End With
ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "A1:K" & cNewmax
End If
Next
End Sub

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7540] Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - 標準モジュールとコードウィンドウ

ゲストさんからの投稿です。

なんとなくでエクセルを使用していたので、いまさら聞けない基本用語を詳しく解説してもらえたので、とてもわかりやすく、今まで敬遠していた私でもできそうな気がしてきました。引き続き学んでいきたいです。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7532] 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数 アクセシビリティ設定

受講生さんからの投稿です。

お世話になっております。
複数モジュールの間での使いまわしの例、大変参考になりました!
複数ブック間でも、Excelでブックを開いていれば使いまわせたら便利と考えたのですが、
ブック間でのプロシージャの移動はpublic、plivateの知識だけではできないみたいですね。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7530] 複数のマクロを連続実行する - Excel2007, 2010, 2013,2016の場合

ゲストさんからの投稿です。

一つ一つの言葉の説明を理解しながら進むことが出来て、着実に進めてる感じが楽しいです。
初心者の意見になってしまいますが、コードウィンドウに入力したプログラムが間違えていた場合のやり直しの仕方もあると嬉しかったです。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7528] エクセルマクロの全体像

ゲストさんからの投稿です。

今まで全く違う分野で仕事をしてきたので、エクセルもマクロにも知識がありません。短期間で少しでも早くマクロの知識を身につけて仕事に役立たせたいと思ってます。色々な参考書を見てもどこから手をつけたらいいのか分からない状態でしたが、この動画を拝見して自分にも理解できるようになるかもと、兆しが見えてきました!全くの初心者ですがよろしくお願いします。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7525] エクセルマクロの全体像

田村徳宏さんからの投稿です。

動画を視聴させていただいて仕事等で使うわけではないのですが頭を良くする、理解力を深める事にいいかなとVBAに興味が湧きました。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7522] エクセルマクロの全体像

石橋さんからの投稿です。

興味が出てきました。ぜひ、マクロを習得したいです。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7519] 苗字と名前を分割して別のセルに投入する

ゲストさんからの投稿です。

激勉

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7517]

多和田 真也さんからの投稿です。

小川先生

いつもお世話になってます。沖縄の多和田です。

配列の使い方について、分からない部分があるので、教えていただけませんでしょうか。

動画やテキストの中で、ワークシートの名前を取得して、動的配列に格納する例が出ておりました。

(Chap02-22.xls ListTorihikisaki_Worksheetname)

これと同じやり方で、フォルダ内のワークブック名を取得して、動的配列に格納しようとしていますが、

うまくいかずに困っております。

今まで、インターネットで検索して、取得したコードを書き換えて使っていたのですが、

正直、あまり理解できているとは言えません。

添付のファイルに、インターネットから取得したsubプロシージャと、それを書き換えたsubプロシージャ、

その他自作のsubプロシージャ(思い通りに動いてくれないもの)を3つ入れております。

動かない原因や、どのように書いたらいいのか、アドバイスをいただけませんでしょうか。

(おそらく、よく理解できていないのは、パスの指定の仕方の理解不足が原因なのかな、と思って

いるのですが、なかなか自己解決できずにいますので・・・)

どうぞよろしくお願いいたします。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7515] エクセルマクロの全体像

ゲストさんからの投稿です。

マクロの便利さが理解でき興味がでました。勉強してみます。ありがとうございます。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7511] エクセルマクロの全体像

ゲストさんからの投稿です。

前職で、業務支援の部署がマクロを作成し、それを使って事務処理をしていました。自分にはマクロ作成なんて難しいことはできないと思ってしまって、提供されたツールを使うのみでした。

この機会を通じて、自分がマクロを作成して業務支援ができる人材になりたいと思いました。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7510] エクセルマクロの全体像

ゲストさんからの投稿です。

VBを使って簡単整理!的なことが実際にできるようになりたいです!

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7502] 基礎講座第4章3 - 「For Next構文」を覚える

受講生さんからの投稿です。

For Next構文で離れた複数列に同じ処理をしたい場合はどのように記載すればよいでしょうか?
下記のようなソースで、B列のみでなく、D列とE列にも罫線引きたいです。

Sub sample1()
Dim gyo
For gyo = 1 To 5
Range("B" & gyo).Borders.LineStyle = xlContinuous
Next
End Sub



「Range("B" & gyo).Range("D" & gyo).Range("E" & gyo).Borders.LineStyle = xlContinuous」
と記載したらなんだか変な場所に罫線が引かれてしまいました。。。

[ 続きを読む]  返信件数:5件  [ 動画を見る] 

[7501] エクセルマクロの全体像

受講生さんからの投稿です。

初めてプログラムを書く体験ができて満足しております。引き続き受講したいと思いました。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7500] エクセルマクロの全体像

ゲストさんからの投稿です。

VBAの得手不得手な分野(どこまでできるかやこんな事はできないなど)が分かると尚良かったと思います。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7497] エクセルマクロの全体像

ゲストさんからの投稿です。

身につけたいと思います。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7488] エクセルマクロの全体像

ゲストさんからの投稿です。

10年以上前から知ってはいましたが、手を付けてみようという気持ちにどうしてもなれずここまで来てしまいました。
でも、改めて便利さを知ると身に着けて損はない、むしろ超得できるじゃないか!とちょっと10年前の自分に激おこぷんぷん丸です…。
これからじっくり取り組んでいこうと思います。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7484]

多和田 真也さんからの投稿です。

小川先生

解答送信ありがとうございました。

なんとなく記述方法が理解できましたが、1か所、「これは何をやってるの?」

と感じる部分があります。

最後の行の、

Set dic = Nothing

です。これにはどういう意味があるんでしょうか?


>多和田 真也 さん:
>
>全体に、よくできていると思いますよ。
>問題6については、回答例をお送りしますので、まずはこれを研究してみてください。
>https://www.dropbox.com/sh/u2mwcb6zmnreonb/AAA-4K_w07WnLawEAWFRaqNKa?dl=0
>
>
>
>>小川先生
>>
>>お世話になっております。受講生の多和田 真也(たわた まさや)と申します。
>>
>>正月休みを利用して、上級編動画をすべて3回視聴し、テキスト巻末の課題に取り組んでいるところです。
>>
>>いまだ、配列は難しく感じますが、普段の業務に役に立つ知識だと思うので、なんとか身に着けたい
>>
>>と思っています。
>>
>>配列の課題は、6問中、第5問までは比較的スムーズにできましたが、第6問で引っかかってしまっています。
>>
>>おそらく、A列のすべての行をsplit関数で「,」を境に切り出し、それぞれの一次元配列を、
>>
>>一つの配列に直接格納するようにすればいいのだろうなあ・・・というところまではわかるのですが、
>>
>>それを具体的にどう記述すればよいのか、検討が付かず困っております。
>>
>>
>>おそらく、動画をまた繰り返し視聴していけばいつか理解できる瞬間が来るのでしょうが、とりあえず
>>
>>現時点で書いたマクロをここで提出いたします。第1問はSub test1、第2問はSub test2・・・というように
>>
>>問題番号とSubプロシージャ名の番号を対応させております。
>>
>>第6問の、ヒントを頂けましたらありがたいです。
>>
>>(小川先生の解答を教えていただいてもいいんですが、解答のファイルが付いていないところを見ると、
>>
>>おそらく自力で考えてください、ということなのだと思いますので、自力でできる限り考えてみたいと
>>
>>思っています)
>>
>>どうぞよろしくお願い致します。
>>
>>
>>
>

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7477] エクセルマクロの全体像

ゲストさんからの投稿です。

マクロは便利と聞きますが、具体的に仕事との関連をイメージできません。
ボチボチやっていきます。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7472] 複数の記号の位置を調べて文字列を切り出す

受講生さんからの投稿です。

関数の入れ子を組む際に、毎回トライアンドエラーを繰り返していましたが、内側から1つづつ組み上げていくことで括弧のエラーもなくすんなりと組めることが理解できました。
正直、関数の入れ子を組むのはもう勘弁して欲しいところだったので、今回の経験は目から鱗ものです。
癖として身についてしまっているので、視点を切り替えて今後の業務に生かしていきたいと思います!

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7471] 1枚のシート内で12ヶ月を横に並べたカレンダーを作成する

平吹 敦史さんからの投稿です。

小川先生

お世話になっております。
素朴な疑問ですが、月ごとにsheet分けしたカレンダーを作成したのであれば、それをコピーして、
同一シート内に張り付けるマクロをつくれば、もっと簡単に横に並べるカレンダーが作れるのでは?

と、思ってつくりました。

その後、先生の解説動画を見たら、最初から、横に並べるカレンダーを作り始めたので、
どっちかを最初につくれば、どっちかはコピーでいけるのかな?とも思いました。
(どっちかとは、月別sheetが先か横並びが先かという意味です。)

ただ、DPRの考え方でいくと、Dはあくまで最初につくった縦に長い年間カレンダーであり、
月別のsheetにしたのは、Rなので、そこからRをつくるのは良くない、という考え方になる、
ということでいいのでしょうか?
                                        平吹敦史

[ 続きを読む]  返信件数:3件  [ 動画を見る] 

[7470] 1枚のシート内で12ヶ月を横に並べたカレンダーを作成する

平吹 敦史さんからの投稿です。

お世話になっております。
動画の最後で、カレンダーマクロのfileをお渡しする、とあったのですが、そのfileはどこから、
入手すればいいのでしょうか?
発展編1の既入手済みのfileも調べましたが、それらしきfileはありませんでした。
すみませんが、教えていただければと思います。
                                        平吹 敦史

[ 続きを読む]  返信件数:11件  [ 動画を見る] 

[7469]

多和田 真也さんからの投稿です。

小川先生

お世話になっております。受講生の多和田 真也(たわた まさや)と申します。

正月休みを利用して、上級編動画をすべて3回視聴し、テキスト巻末の課題に取り組んでいるところです。

いまだ、配列は難しく感じますが、普段の業務に役に立つ知識だと思うので、なんとか身に着けたい

と思っています。

配列の課題は、6問中、第5問までは比較的スムーズにできましたが、第6問で引っかかってしまっています。

おそらく、A列のすべての行をsplit関数で「,」を境に切り出し、それぞれの一次元配列を、

一つの配列に直接格納するようにすればいいのだろうなあ・・・というところまではわかるのですが、

それを具体的にどう記述すればよいのか、検討が付かず困っております。


おそらく、動画をまた繰り返し視聴していけばいつか理解できる瞬間が来るのでしょうが、とりあえず

現時点で書いたマクロをここで提出いたします。第1問はSub test1、第2問はSub test2・・・というように

問題番号とSubプロシージャ名の番号を対応させております。

第6問の、ヒントを頂けましたらありがたいです。

(小川先生の解答を教えていただいてもいいんですが、解答のファイルが付いていないところを見ると、

おそらく自力で考えてください、ということなのだと思いますので、自力でできる限り考えてみたいと

思っています)

どうぞよろしくお願い致します。


[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7466] 転記先ファイルを生成してデータを流し込む。

受講生さんからの投稿です。

お世話になっております。
転記先のファイル名について一つ教えてください。
変数にするまでは「sample.xls」と、.xlsが付いていますが、最終的にfnameの変数に置き換え、「n,t,b」などのファイル名の言葉が入ってくるようになると思います。
その際文末に「&".xls"」は着ける必要はないのでしょうか。
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="D:\ks201-205\ks204\ks204_mondai\" & fname _
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="D:\ks201-205\ks204\ks204_mondai\" & fname&".xls" _


Sub ks204_02()
Dim fname
Dim moto
Dim saki
Dim slist
For slist = 4 To 7
fname = Workbooks("ks204.xls").Worksheets("List").Range("C" & slist).Value
Workbooks.Open Filename:="D:\ks201-205\ks204\ks204_mondai\template.xls"
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="D:\ks201-205\ks204\ks204_mondai\" & fname _'ここです。
, FileFormat:=xlExcel8, Password:="", WriteResPassword:="", _
ReadOnlyRecommended:=False, CreateBackup:=False

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7462] 各部署からファイルを回収し、記入済データを手元資料に統合その2

受講生さんからの投稿です。

小川様

お世話になります。
フォローアップ追加分の最後に記入済みデータを手元資料に統合という課題の
最後に追加データもとってくるというのがありますが

小川さんの模範解答には

If Workbooks(filename).Worksheets("歳入").Range("A" & moto).Value <> "" Then



というコードがありますで、そのコードがなくともできるのではないかとおもい
以下のコードを作成しましたが、追記データがとびとびになってうまくいきませんでした。
原因を探ろうとしましたがお手上げです。
ご指導よろしくお願いいたします。


Sub hukusyuu() '

Dim foldername
Dim filename
Dim tuikanyu
Dim tuikasyu
tuikanyu = 52
tuikasyu = 42

Dim gyo
For gyo = 2 To 10

foldername = Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("部署情報").Range("F" & gyo).Value
filename = Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("部署情報").Range("G" & gyo).Value

Workbooks.Open filename:="D:\h引越し\s仕事関係\VBA\f基礎追加フォローアップ解凍ファイル\配布物 最後の課題用に改変\01-課題一式\" & foldername & "\" & filename

Dim moto
Dim saki
Dim mituketa


For moto = 2 To 51 '←ここと(moto)
mituketa = False
For saki = 2 To 51 '←ここ(saki)が逆ではだめ。つまりフラグはあくまでmotoを見に行ったとき、ない場合の処理なので
If Workbooks(filename).Worksheets("歳入").Range("A" & moto).Value = Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳入").Range("A" & saki).Value Then
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳入").Range("E" & saki).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳入").Range("E" & moto).Value
mituketa = True
Exit For
End If
Next
If mituketa = False Then
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳入").Range("A" & tuikanyu).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳入").Range("A" & moto).Value
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳入").Range("B" & tuikanyu).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳入").Range("B" & moto).Value
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳入").Range("C" & tuikanyu).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳入").Range("C" & moto).Value
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳入").Range("D" & tuikanyu).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳入").Range("D" & moto).Value
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳入").Range("E" & tuikanyu).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳入").Range("E" & moto).Value
tuikanyu = tuikanyu + 1
End If
Next


For moto = 2 To 41
mituketa = False
For saki = 2 To 41
If Workbooks(filename).Worksheets("歳出").Range("A" & moto).Value = Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳出").Range("A" & saki).Value Then
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳出").Range("E" & saki).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳出").Range("E" & moto).Value
mituketa = True
Exit For
End If
Next
If mituketa = False Then
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳出").Range("A" & tuikasyu).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳出").Range("A" & moto).Value
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳出").Range("B" & tuikasyu).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳出").Range("B" & moto).Value
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳出").Range("C" & tuikasyu).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳出").Range("C" & moto).Value
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳出").Range("D" & tuikasyu).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳出").Range("D" & moto).Value
Workbooks("全部1つ.xls").Worksheets("歳出").Range("E" & tuikasyu).Value = Workbooks(filename).Worksheets("歳出").Range("E" & moto).Value
tuikasyu = tuikasyu + 1
End If
Next

Workbooks(filename).Close
Next

End Sub


[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7460] エクセルマクロの全体像

ゲストさんからの投稿です。

マクロとは・・・。凄すぎる機能ですね。
勉強したら仕事の効率アップ間違いなしです。
御礼!

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7451] エクセルマクロの全体像

野口綾さんからの投稿です。

全体像をつかむには分かりやすい内容でした。
面白そうなので次のステップに進みたくなります。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7448] エクセルマクロの全体像

受講生さんからの投稿です。

全体像がわかりやすくて、すばらしい講座だと思いました。引き続き、学習させて頂きます。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 

[7444] 補講:複数ファイル間でのデータ転記

受講生さんからの投稿です。

実務でもほかのファイルから情報を拾って埋めてまたさらに別のファイルからといくつものファイルを参照して再集計になるマクロを実行しています。どうやってやるのか不思議でしたが、なんとなくわかりました。

[ 続きを読む]  返信件数:1件  [ 動画を見る] 


各講座ごとのメッセージを見る場合はこちら

まずはここから!スマホでも学べる無料動画講座

今なら先着30名限定で無料!定価4,800円の、初心者のためのエクセルマクロ動画講座。
  1. Excel 97~Excel 2016まですべて対応。動画本数20本、総再生時間2時間44分53秒
  2. PC, Mac, iPhone, iPad, Androidのお好みの環境で、いつでも好きなときに学べます。
2004年から10年間述べ3,000名以上に実施した研修の経験と実績を集約した講座です。
いますぐ無料で試してください。

トップへ