Category Archives: エクセル・マクロ・VBA

動画講座「発展編1フォローアップ」に動画が追加されました

達人養成塾 事務局より続けてお知らせします。

動画講座「発展編1フォローアップ」にコンテンツが追加されました。

基礎編フォローアップで追加した動画の課題を、発展編1の手法で解いていきます。

————————————-
動画その13 フォローアップミニセミナーNo.13
ぐちゃぐちゃな住所情報を都道府県から市区町村レベルで細かく分割する
【再生時間 20:06】
————————————-

▼追加動画の確認はこちら

【発展編1フォローアップ】
https://padstudy.jp/movie/28

動画講座「基礎編フォローアップ」に動画が追加されました

達人養成塾 事務局です。

マクロ基礎編フォローアップ動画セミナーに新しく動画を追加しました。

ある受講生の方より受けた質問から作られた動画です。

エクセルマクロの基礎編で、住所を分割するマクロを作成する課題で、
以下のような疑問が生じたので自分なりに問題を作成してやってみました。
・フォローアップの問題では、市と区のみ条件分岐しておけば良かったのですが、
 例えば、都道府県や市区町村のようにたくさんを条件について考える場合、
 もっとスッキリした方法でやりたいと思いました。
・市・区に分割する場合でも、東京都新宿区の場合は良いけど、
 大阪市中央区の場合についてどのように処理するかに疑問を感じました。

この課題を細分化して取り扱っています。
————————————-
動画その19
住所情報を都道府県から市区町村レベルで細かく分割する
【再生時間 21:51】
————————————-
※動画その19~22は、その20~23に移動しました。

【基礎編フォローアップ】
https://padstudy.jp/movie/27

さらなるスキルアップのために活用いただければと思います。

 

【質問】「エクセルマクロ発展編1」での学び方について

ガラパゴスタディー小川です。

最近、ある方からこんな質問を受けました↓。

--------------------

ワクワクしながら2/15から発展編を開始しましたがその後インフルエンザでダウン、
花粉症でダウンと2週間もまともに勉強することができないまま過ぎてしまい
その間のフォローアップミニセミナーがたくさんたまってしまいました。
何とか今日1日でミニセミナー5まで完了し発展編動画14まで見ることが出来ましたが・・
勉強の方法としてまずは発展編の動画をすべて見てからフォローアップにすすめばいいんでしょうか。

今自分が作成したいマクロもあり(伝票マクロを参考に)あれもこれもと気持ちばかりあせります。

整理しながら着実にとは思っていますが学びの方法について少しアドバイス頂けると助かります。

--------------------

ということで、今日はこんな質問へのご回答です。
エクセルマクロを学びたいという多くの方が、似たような悩みを持たれることと思います。ということで、がっつり回答しました。

今回はご回答を動画でお伝えいたします。

 

収録時の設定を間違えてしまって、僕がキーボードを打つ音が
カタカタうるさいですが。。そのことだけご了承ください m(_ _)m

以下からどうぞ。

以下は、動画内で紹介した関連リンクです。
こちらは文字だけですが、やはり、理系科目学習に共通する
核心的ネタを書いています。
http://www.exvba.com/comment_detail.php?comment_id=5411

 

エクセルを使うにあたって、ショートカット​キーは何か覚え方があるのですか?

23日から期間限定で公開した、以下の新無料講座

☆東京大学出身・元日本IBM社内講師が教えるパソコン仕事5倍速の秘訣
 http://pc5bai.com/5bai/freemovie/index/?a=140

早くも、受講生数が2,000名を突破しました。

対話重視の講座にしたいと思っている関係上、
あまりに増えると、早期に「公開終了」とし、
それ以降は、受講登録済の方限定のサポートにするかもしれません。

気になっている方は、お早目に、お申し込みください。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

ということで、今日は、この新講座に寄せられた質問があるので、

それへのお返事をここで書きます。

> エクセルを使うにあたって、ショートカットキーは
> 何か覚え方があるのですか?

というご質問です。(原文ママ)

話の続きです。

> エクセルを使うにあたって、ショートカットキーは
> 何か覚え方があるのですか?

というご質問について。

僕がお伝えしたいのは、以下のポイントです。

[1] あっても役に立たないもの、たいして使わないものは覚えないと決めて、無視
[2] 頻繁に使うものは優先して覚える
[3] 一度にたくさん覚えようとしない

[1] あっても役に立たないもの、たいして使わないものは覚えないと決めて、無視

↑これ、とても大切なポイントです。

「エクセルショートカット全リスト!」みたいなのを見かけて、
「そうか。これ全部覚えたらオレもエクセルマスターか!」と思って
全部覚えようとする人がいます(もしくは、ひとつも覚えないで挫折)。

これはやめたほうがよいです。

「8:2の法則」という言葉もありますが、本当に覚えて意味のある
ショートカットキーなんて、100個のうちせいぜい20個。
(本当はもっと絞り込めます)

ぜんぶ覚えても、ほとんどは労力のムダです。

[2] 頻繁に使うものは優先して覚える

反対に、「これは!」というものがあったら、
徹底して使いましょう。もう、「その操作は絶対にショートカットキーでやる」
と決めて、とにかくストイックに。

コピーは [Ctrl] + [C] と決めたら、
金輪際、マウスでコピーするのはやめます。

最初とてもストレスですが、慣れてきてマウスより楽だと
身体が納得すると、あとは無意識にできるようになります。

[3] 一度にたくさん覚えようとしない

これも、ハマる方をよく見かけますね。
100個のショートキーのうち、よく使いそうなもの20個を選んだぞ!
さあ、じゃ、この20個を全部いっきに覚えるぞ!

そう宣言して、結局1つもマスターできなかったという人を、
よく見かけます(汗

順番を決めて、ひとつづつ覚えていきましょう。
せいぜい、同時にチャレンジできるのは5個くらいまでです。

※もっとも、20個のショートカットキーをいっきにマスターする
 方法も、あるにはあります。
 「裏ワザ」とも言える方法です。
 僕に言わせれば王道ですが。

それについては、以下の講座でお話します。

☆東京大学出身・元日本IBM社内講師が教えるパソコン仕事5倍速の秘訣
 http://pc5bai.com/5bai/freemovie/index/?a=140

※本ブログの内容についてコメント、ご質問等あれば
 お気軽に seminar@exbva.com へご連絡ください。
 個別にお返事はできませんが、すべて読ませていただき、
 今後のお知らせの参考にいたします。

60億円の超大型契約

大手銀行系債権評価会社にお勤めのある受講生の方。
社内で作ったプログラムが、60億円の超大型契約に結びついたそう。
その流れを要約すると、こんな流れ↓:

[1] 債権評価のレポートを自動生成するマクロを作った。
[2] 営業さんがレポート作成に時間を取られなくなった(従来半日→ボタン1つ)
[3] 営業さんが取引先を訪問する理由が増えた(たまたま近くに来たので→今月のレポートをお持ちします!)。この段階ですでに売上増。
[4] 新規開拓の余裕がますますできた
[5] 新規客獲得でライバルとの競争になった
[6] 値段はウチのほうが高かったけど、レポートのクオリティで勝利!60億円!

やっぱ、仕組み化の力ってすごいなーと実感。
その新規客から、債権評価について講演して欲しいという依頼も来たそう。社史初!の出来事とのこと。
その受講生さん自身、「自分の仕事に対して、会社の売上・費用・利益を改善できる仕事だという意識がとても高まった」とのこと。

こういうレベルの貢献ができると、すぐに人生変わるよねー。
冬のボーナスすでにあがってたらしいけど、次はどんな報告が来ることか。
今後の彼からの報告もすごい楽しみ (^^*

「あと、値段の高いサービスのほうが売れた」ということで、講座でお伝えした技術が間接的に経済成長にも寄与しているのもとてもうれしいこと。
教育の仕事の醍醐味のひとつですなヾ(´ー`)ノ

無料でエクセルマクロを学べる動画講座

無料でエクセルマクロを学べる動画についてお知らせします。

僕が作った動画講座です。

Excel 97~Excel 2013まですべて対応。動画本数20本、総再生時間2時間44分53秒。

テキスト2冊と参考資料合計93ページのPDFファイルを使って以下の内容について解説した本格的な講座が、今なら無料です。

  • 初期設定
  • プログラムを手書きして実行する方法
  • 自動記録機能の使い方
  • 複数のプログラムを連続実行する方法

PC, Mac, iPhone, iPad, Androidのお好みの環境で、いつでも好きなときに学べます。

2004年から10年間、述べ3,000名以上に実施した研修の経験と実績を集約した講座です。
いますぐ無料で試してください。
http://www.exvba.com/freemovie.php

VBAの知識・スキルを有していると見なされるためには、どの段階まで学習すればよろしいのでしょうか?

達人養成塾小川です。
こんにちは。

以下の様な質問をいただきました。

この度「エクセルマクロ・VBA導入編」の学習を終了致しました◯◯と申します。今後のVBAの学習に関してお尋ねしたく、ご連絡を差し上げた次第です。

現時点で業務においてエクセルを使用する機会はありませんが、時間的余裕のある今だからこそVBAを習得したいと思っています。

VBAの知識・スキルを有していると見なされるためには、どの段階まで学習すればよろしいのでしょうか?

まずは、
エクセルVBA基礎編講座  → エクセルVBA発展編講座1  → エクセルVBA発展編講座2 → エクセルVBA外部連携講座 
というステップで学んでいこうと考えておりますが、学習モデルなどを提示していただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

VBAの知識・スキルを有していると見なされるためには、どの段階まで学習すればよろしいのでしょうか?

ということですが。
「みなす」のが誰がによって、目指すべき段階は変わります。

参考までに、「僕がまあまあ安心して仕事を任せられるレベル」であれば
以下のマクロを2時間くらいで書き上げられるくらいのレベルでしょうか。

マクロを使って、ひとつのデータを元に複数のシートを連続作成

このくらいであれば、「エクセルVBA発展編講座1 」くらいでOKです。

順序としては、以下のような流れですね。
エクセルVBA基礎編講座 エクセルVBA発展編講座1

「イヤでも身体から力が抜けて仕事が楽になるワークショップ」受講生の声

先日行った「イヤでも身体から力が抜けて仕事が楽になるワークショップ」
受講生の浜口 智之さんからの感想をご紹介。

参加してみて
「どうでしたか?」
と聞かれれば
迷わず、
「スゴい講座でした。」
と答えます。

今回も「イヤでもシリーズ」の破壊力は抜群でした。

前回の「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」から、
さらにより深いレベルでの学びを得ることができました。

「気づき」の大切さ、可能性、そして心と体のリンクを
心理面ではゲシュタルト心理学、身体面ではアレクサンダー・テクニークによって学べました。

実は、はじめ、この二つの名前を知らなかったのでちょっぴり不安でもありました。
でも、「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」がとても素晴らしかったので
今回も受講してみようと即決して申し込みました。

前半ではゲシュタルト心理学、中盤でアレクサンダー・テクニークの知識、体の動かし方の方法をインストールしてのワークでの実践。

個人的に特に印象に残っているのは最終段階のワーク演習でこの講座で学んで、得たピースが組み合わさったときです。

それはワーク演習中、パソコン操作でトラブル(ctrl+alt+↓で画面を回転させてしまった)に見舞われたとき、アレクサンダー・テクニークの講師である 福井先生のサポートにより失敗してしまったとき特有の体の緊張および、焦りの心理面からリカバリーできたときでした。

その失敗が起きた時にまず、午前に学んだゲシュタルト心理学によって今起きていることに気づき、そこからどうするかの身体的アプローチにおいてアレクサンダー・テクニークがとても強力なツールであるとまじまじと実感することができました。
この二つの組み合わせはスゴいと思った瞬間です。

この深い学びはこの講座だからこそ実現できたものであると思います。
小川先生、福井先生、
素晴らしい講座をありがとうございました。

【追加開催】2015年1月17日「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」

達人養成塾 事務局水谷です。

「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」
年明け第一弾が2015年1月17日(土)に開催決定しました!

興味のある方は是非、受講してみてください。
↓お申し込みはこちらから↓
https://padstudy.jp/order/course?id=10

年内最後の
「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」
12月7日(土)です。
こちらも申込受付中です。
今、定員20名に対して10名ちょっとの方が申し込まれています。
定員になり次第、キャンセル待ちとなりますのでお早めにお申し込みください!

なぜ、「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」では、たった1日で大量のショートカットキー操作を習得できるのか?

達人養成塾事務局 水谷です。

「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」という講座があります。

たった1日の講座と、その後の毎日1回、10分だけやってもらう復習メニューだけで、1ヶ月もすると誰でもマウスから手が離れ、「基本のPC操作はキーボードショートカットだけでするのが当たり前」になってしまうという講座です。

マウスを使うのをやめてキーボードショートカットだけでPC操作をするようになるだけで、こんな大きなメリットを得られます↓。

◯時間 – 3倍早く仕事が終わるようになります
◯身体 – 3倍楽に仕事が終わるようになります
◯精神 – 3倍余裕をもって仕事が終わるようになります
◯思考 – 3倍明晰に働くようになります
◯外的 – 3倍すごそうに見えます

はっきり書きますが、誰でもそうなれるので、絶対にキーボードショートカットだけで基本的なPC操作は完了できるようになったほうがよいです。

で、どうして達人養成塾の「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」ではたった1ヶ月だけで誰でもその域に到達できるのかというと。
理由はいろいろあるのですが、そのうち秘密のひとつは、講座の構成とその後のフォローの仕組みにあります。
そのどちらでも、勉強法マニアの小川のノウハウのキモとも言うべきことが凝縮されています。

今、11月8日に大阪、11月15日に東京で実施した講座のフォロー期間中です。
今日は、そのフォローに絡んで、M.Sさんとやりとりしていたときにいただいたメールを以下に紹介します。

この講座、学ぶことについての肝の塊のような気がします。
スマートにスリムに学ぶことを体系化していますよね。

本当に素晴らしいです。
考え込まれた内容であることは、よくわかりました。
自分の近くに、こんなふうに教えてくれる人がいたらいいなぁと、素直に思いました。

講座の午前中の説明だけでも、自分には衝撃でした。
そうか、学習って、そうすると楽しく覚えられるんだって、無理せずやれる方法を教わったと思っています。

講座中も、小川さんの意気込みを感じました。
セミナー中に厳しく指導している姿を見て、「本気で育ってほしい」、「何かをつかんでほしい」と思っているんだなと感じました。
普通、セミナーって、もう少しぬるいです。

チャンク化も、小川さんはわかりやすく説明してくれましたが、それなりに全体がわかってる人じゃないと、チャンク化できないことって多いですしね。

「チャンク化」というのは、複数の事を覚えるにあたってそれぞれ別個に覚えるのではなく、一つの塊として覚えることを言います。

わかりやすい例の一つは、電話番号を覚えるとき。

例えば、達人養成塾のフリーダイヤルは以下の番号です。
0120-096-352

ファクス番号は以下の番号です。
050-3737-3775

これを、0.1.121.0.0.9.6.3.5.12.0.5.0.3.7.3.7.3.7.7.5と、21個の数字として覚えようとするとそれは無理です。
「0120」、「096」、「352」、「050」、「3737」、「3775」と、6個の数字の塊として覚えるならばそれほど難しいものではなくなります。

これが、「チャンク化」というテクニックです。

達人養成塾のイヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップでは、この「チャンク化」というテクニックを使って通常ならありえないほどの量のキーボードショートカットのテクニックをたった1日で習得します。

そして、30日間のフォロー期間中にそれをますます定着させていきます。

成果は早い段階から確実に出ます。

例えば、このM.Sさん。
まだ講座受講から1週間も経っていませんが、早くもPC操作のスピードが2倍以上になっています。

昨日は、こんな報告もいただきました。

昨日も過酷なエクセル資料作成がありましたが、不思議とこのワークをして以降、肩が痛くなくなりました。
おそらく、画面を凝視しなくなってきてるんだと思いますし、パソコンと少し気楽に向き合えてる感覚があります。

お仕事でもどんどんショートカットキーを活用されていてすばらしいです。

年内は、この講座は、12月7日(日) で最後です。
ピンと来た方は、ぜひ、お見逃しなく!

「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」