「Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - プロパティウィンドウ」解説講座

「エクセルマクロ24時間道場」の動画講座「エクセルマクロ・VBA導入編」の解説講座です。
今回は、動画「Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - プロパティウィンドウ」からです。

動画「Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - プロパティウィンドウ」のポイント

ポイント1

この動画では、「プロパティウィンドウ」というサブウィンドウを紹介します。
というか、正直なところ、「プロパティウィンドウ」はあっても導入編では役に立たないので正直今はどうでもいいのですが。

「プロパティウィンドウ」を使った演習を通じて、以下の抽象概念をマスターしていただきます。

○オブジェクト
○プロパティ

ポイント2

さらに、プロパティには、「設定」と「取得」という対になる2つの概念があります。

これらについて、具体的な例を用いて説明します。

「オブジェクト」と「プロパティ」という言葉があります。

ざっくり言うと、

○「オブジェクト」は「モノ」。
○「プロパティ」は、「特徴」

です。

ポイント3

「プロパティ」には、「設定」と「取得」という概念があります。
「プロパティの設定」とは、「特徴を変更すること」、「プロパティの取得」とは、「特徴を調べること」と思っておけばだいたいOK。

ポイント4

プロパティウィンドウは、プロジェクトエクスプローラで選択されているオブジェクトのプロパティを、表示したり、設定したりするためのものです。

この動画では、テストとして、あるシートの、以下の2つのプロパティをいじってみました。
○「name」プロパティ
○「standardwidth」プロパティ
ご自身でも、操作してみてください。おもしろいですよ。

ポイント5

サブウィンドウは、高さや幅を変更することができます。
そのことも、ついでに知っておいてください。


※プロパティウィンドウは、導入編では使用しません。
「name」プロパティと「standardwidth」プロパティをいじって感触をつかんだら、非表示にしてください。。

動画「Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - プロパティウィンドウ」のおさらいクイズ

この動画で学んだことのおさらいクイズです。
次の問題、答えられるでしょうか。

  • プロパティウィンドウはどのような操作で表示しますか?
  • プロパティとは、平たく言うと、あるオブジェクトの ○○ です。
    オブジェクトとは、「人間のように、様々な ○○ を持ったもの」です。
    ○○ の中に入る言葉は?
  • Excelのオブジェクト「セル」と「シート」のプロパティを、思いつく限り挙げてみましょう。
  • プロパティの内容を書き換えることは、「プロパティの ○○」
    プロパティの状態を調べることは、「プロパティの ○○」と言います。
    それぞれ対応する言葉はどちらでしょうか?

    [a] : 取得
    [b] : 設定

動画「Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - プロパティウィンドウ」のハイライト

今日の動画「Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - プロパティウィンドウ」はこちら↓です。
https://online.pc5bai.com/movie/index/10/13

0:20くらい~

Visual Basic Editorのメニューより下の部分がどのように表示されているかは、人によって異なります。

0:40くらい~

サブウィンドウは、幅や高さが調節できます。
「plain2」の「Sheet1」を例に、具体的な調節の方法について解説しているので一緒に操作してみましょう。

2:00くらい~

「プロパティ」とは何か、の説明です。併せて、「オブジェクト」という用語についても解説しています。
IT用語ですので、ぜひ覚えておいてください。

5:30くらい~

Excelに登場する、様々な「オブジェクト」と「プロパティ」についての解説です。

8:00くらい~

プロパティウィンドウは、「プロジェクトエクスプローラで選択しているオブジェクト」の「プロパティ」を表示します。

9:00くらい~

プロパティウィンドウの「Name」プロパティについての解説です。
Excelファイル「plain2」の「Sheet1」のシート名を書き換えたとき、プロパティウィンドウの「Name」プロパティも変わります。

11:30くらい~

プロパティウィンドウの「StandardWidth」プロパティも変更してみます。

13:30くらい~

今回登場したすべての用語についてのまとめです。

動画「Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - プロパティウィンドウ」のおさらいクイズ - 答え

すべて、動画内で解説しています。
もし不明な点があれば、動画で確認してみてください。

  • プロパティウィンドウはどのような操作で表示しますか?
    メニューの表示 → プロパティウィンドウ(ショートカットキーは [F4])

  • プロパティとは、平たく言うと、あるオブジェクトの ○○ です。
    オブジェクトとは、「人間のように、様々な ○○ を持ったもの」です。

    ○○ の中に入る言葉は?

    プロパティとは、平たく言うと、あるオブジェクトの「特徴」です。
    オブジェクトとは何かというと、とりあえず今の段階では、「人間のように、様々な『特徴』を持ったもの」と思っておいてください。

  • Excelのオブジェクト「セル」と「シート」のプロパティを、思いつく限り挙げてみましょう。
    (回答例)セルの色、セルの幅、セルの高さ、シートの名前、シートのタブの色、シートは左から数えて何番目か、そのシートはどのファイルに所属しているか、等々

  • プロパティの内容を書き換えることは、「プロパティの ○○」
    プロパティの状態を調べることは、「プロパティの ○○」と言います。
    それぞれ対応する言葉はどちらでしょうか?

    [a] : 取得
    [b] : 設定
    プロパティの内容を書き換えることは、「プロパティの([b] : 設定)」
    プロパティの状態を調べることは、「プロパティの([a] : 取得)」と言います。

 


今回の解説講座は以上です。いかがでしたか?
もしも不明な点がありましたら、エクセルマクロ24時間道場にログインして、動画講座で直接確認してみてください。
それで解決しない場合は、動画再生ページ内の掲示板から遠慮なく質問してください。
質問は、いつでも大歓迎です (^^*



「エクセルマクロ・VBA導入編」の解説講座一覧

以下は、「エクセルマクロ24時間道場」の無料動画「エクセルVBA導入編」の、各動画の解説ページへのリンク集です。

  1. エクセルマクロの全体像!

    まずは全体像を抑えましょう!
    エクセルマクロって何?!使いこなせるようになったら、どういう良いことがあるの?
    ポイントをおさえて解説します。
    全体像を把握していれば、挫折せずやり遂げられる確率はグン!と高まります!
    「エクセルマクロの全体像」
    動画1本。合計17分47秒。
    (この動画だけ長いですが、お忙しい方は、最初の3分だけ見ていただけれはOKです)

  2. ここで差がつく「やっておくべき初期設定」!

    一度やっておけば、あとあと楽ちん!
    書いたプログラムを読みやすくするための設定、エラーを自動的に検出してもらうための設定等々。
    挫折しないでやりきれるかどうかは、最初にこういうところでちょっと手間をかけたかどうかで決まります。
    何ごとも、最初が肝心です。プロの設定を学んでください。
    エクセルマクロ・VBAを利用するための推奨設定 - Excel2003の場合
    エクセルマクロ・VBAを利用するための推奨設定 - Excel2007の場合
    エクセルマクロ・VBAを利用するための推奨設定 - Excel2010・2013の場合
    エクセルマクロ・VBAを利用するための推奨設定 - VisualBasicEditorの初期設定
    動画5本。合計42分52秒。

  3. ここだけ抑えておけばOK!「Visual Basic Editor」の必要最低限の知識」!

    最初にして最大の難関?!独学初心者は見ただけでもう頭がクラクラ?! (@_@;
    でも大丈夫!覚えなきゃいけないことは実はそんなにありません
    マクロを書く画面(Visual Basic Editorと言います)を使いこなすための必要最小限の機能について、丁寧に解説します
    Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - イントロダクション
    Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - サブウィンドウ
    Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - プロジェクトエクスプローラ
    Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - プロパティウィンドウ
    Visual Basic Editorの基本用語と使い方 - 標準モジュールとコードウィンドウ
    動画5本。合計40分55秒。

  4. 本当は誰でもできる、「マクロの書き方、実行の仕方」!

    マクロって何書けばいいの?どうやれば動くの?
    あなたも、最初はそんな不安をお持ちかもしれません。
    でも安心してください!マクロの書き方、マクロの実行のやり方について、誰でも書ける簡単なプログラムを作りながら、やさしく解説します。
    自分でイチから作ったプログラムが動くのを見る楽しみを味わってください。とても感動しますよ!
    簡単なマクロを書いてみる - 基本編
    簡単なマクロを書いてみる - プログラムの読み方
    簡単なマクロを書いてみる - サブプロシージャのネーミングルール
    動画3本。合計25分55秒。

  5. 初心者から上級者まで使える便利機能!「エクセルマクロの自動記録でマクロを作る」!

    「エクセルマクロの自動記録」って、聞いたことあるけど、いったい何?
    どこがどう便利なのそれ?
    まかせてください!たとえ話と演習で、誰でも分かるように解説します
    手書きでプログラムを書くのとはまた違った楽しみが得られますよ!
    自動記録機能でマクロを作る - 基本編
    自動記録機能でマクロを作る - Excel2003の場合の手順
    自動記録機能でマクロを作る - Excel2007、2010、2013の場合の手順
    自動記録機能でマクロを作る - 自動記録機能で表に番号を振る
    動画4本。合計31分00秒。

  6. これは便利で楽ちん!「複数のマクロを連続実行する」!

    もう、待ちきれない!仕事で使える具体的な事例で練習してみたい!
    そんなあなたのために、いよいよ、総合演習!
    中級者でも知らない人は知らないテクニック、「複数のプログラムを連続実行する方法」を学びます。
    「エクセルマクロの自動記録」も組み合わせ、ちょっとした業務改善をしてみましょう!
    こういうことをさらさらできるようになったら、もう初心者レベルではありません!、というテクニックです。
    複数のマクロを連続実行する - 概要
    複数のマクロを連続実行する - Excel2003の場合
    複数のマクロを連続実行する - Excel2007, 2010, 2013の場合
    動画3本。合計24分22秒。

ダウンロード可能なテキスト2冊と参考資料(合計93ページ)を使って、これらの内容について、順を追って学びます。
動画は、PC、Macだけでなく、iPhone, iPad, Andoroidでも再生可能です。
ですから、通勤時間やちょっとした隙間時間を使って、効率的に学ぶことができます。


「エクセルマクロ・VBA導入編」の解説講座 総合ページに戻る

トップへ