動画デモ

複数のパワーポイントファイルにエクセルからデータを流し込む

エクセルマクロでできることは、エクセルの操作ととどまりません。
テキストファイル、フォルダの操作もできますし、アクセスやオラクル、MySQLといったデータベースに接続してデータを取ってくるといったこともできます。
他のソフトを操作することもできます。
中でも、オフィスソフトはやはり相性がよく、他のアプリケーションに比べて、様々な連携を行うのが比較的簡単です。

今回は、その例として、エクセルにあるデータをパワーポイントのスライドに流し込むデモをお見せします。

とある会社の中間管理職研修参加者全員に対して、パワーポイントで作成したフィードバックシートを送りました。 元データはエクセルファイルになっていたので、エクセルからパワーポイントのテンプレートを開き、データを流し込んだらファイルを閉じる、ということをくり返す作業にしました。

動画デモ : 複数のパワーポイントファイルにエクセルからデータを流し込む: 02:06 (上の画像をクリックすると動画を再生します)

こういうプログラムを組めるようになると、仕事の幅もかなり広がります。
ちなみに、前任者は、この仕事を手作業でやっていて、ひと月まるまるかけて作業をしたあと、1週間くらい死んでいたそうです。

「外部連携」の例ということなので、ついでに、フォルダ操作、テキストファイル操作もしてみました。

マクロ実行の都度フォルダを作り、新規に作成したファイルはそこに置くようにしました。
また、テキストファイルでログも出力するようにしました。
ログを出力しておくと、トラブルが起こったときなどに何かと役に立ちます。

このデモで紹介したマクロは、エクセルVBA基礎編・発展編1・外部連携講座修了レベル の知識で制作できます。

 

まずはここから!スマホでも学べる無料動画講座

今なら先着30名限定で無料!定価4,800円の、初心者のためのエクセルマクロ動画講座。
  1. Excel 97~Excel 2016まですべて対応。動画本数20本、総再生時間2時間44分53秒
  2. PC, Mac, iPhone, iPad, Androidのお好みの環境で、いつでも好きなときに学べます。
2004年から10年間述べ3,000名以上に実施した研修の経験と実績を集約した講座です。
いますぐ無料で試してください。

トップへ