Category Archives: ITスキル

謹賀新年2017

あけましておめてとうございます。

今年の年賀状はこんなデザインにしました。

年賀状2017

年賀状2017

横浜Fマリノス風です。
文言は、サッカークラブチームの選手プロフィールにありがちな表現を適当に組み合わせて作りました。

元ネタは、横浜Fマリノス公式ウェブサイトの、このページ。
http://www.f-marinos.com/club/player/top/2016/5

どのように加工してこの賀状のデザインにしたのか?
ということについて、以下の動画で簡単に解説しました。動画の最後には、この動画を見られた方限定のスペシャルプレゼントのお話もあります。ぜひ、今すぐご覧ください。

あなたにとって、去年は、どんな年でしたか?
僕は、公私ともども移動が多く振れ幅の大きい、なかなかエキセントリックな一年でした。

さてさて、今年はどんな一年になることやら。
よい一年にしましょうね!

【質問】「エクセルマクロ発展編1」での学び方について

ガラパゴスタディー小川です。

最近、ある方からこんな質問を受けました↓。

--------------------

ワクワクしながら2/15から発展編を開始しましたがその後インフルエンザでダウン、
花粉症でダウンと2週間もまともに勉強することができないまま過ぎてしまい
その間のフォローアップミニセミナーがたくさんたまってしまいました。
何とか今日1日でミニセミナー5まで完了し発展編動画14まで見ることが出来ましたが・・
勉強の方法としてまずは発展編の動画をすべて見てからフォローアップにすすめばいいんでしょうか。

今自分が作成したいマクロもあり(伝票マクロを参考に)あれもこれもと気持ちばかりあせります。

整理しながら着実にとは思っていますが学びの方法について少しアドバイス頂けると助かります。

--------------------

ということで、今日はこんな質問へのご回答です。
エクセルマクロを学びたいという多くの方が、似たような悩みを持たれることと思います。ということで、がっつり回答しました。

今回はご回答を動画でお伝えいたします。

 

収録時の設定を間違えてしまって、僕がキーボードを打つ音が
カタカタうるさいですが。。そのことだけご了承ください m(_ _)m

以下からどうぞ。

以下は、動画内で紹介した関連リンクです。
こちらは文字だけですが、やはり、理系科目学習に共通する
核心的ネタを書いています。
http://www.exvba.com/comment_detail.php?comment_id=5411

 

[緊急/重要] Windows10への強制アップグレードに注意!とその対策

昨年10月にも同様の記事を掲載しましたが、
Windows7/をお使いの方は要注意です。

マイクロソフトが、Windows7/8.1 から Windows10に
半強制的にアップグレードさせる準備をしています。

気をつけていないと、Windows Updateで自動的に
Windows10にさせられてしまいますので、

「そんなこと勝手にしないでくれ!」という方は、
予防策を取っておいてください。

詳しくは、以下を参照してください。

「ITmedia」の記事。「Windows 7/8.1→Windows 10が“推奨される更新”に」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/02/news081.html

以下に、上に紹介した記事を読むのに必要な前提知識などを少し書きます。

1. 元々、Windowsには、ネットからプログラムを取得して
自動的に更新インストールをする機能があります。
この自動更新機能の本来の目的は、
セキュリティホールが見つかったときに、
それを塞いだりするためのものです。
この自動更新機能のプログラムの取得元は、マイクロソフトや
そのパートナー企業です。
この自動更新機能は、Windows Updateという名前です。

2. このWindows Updateが、上記の「本来の目的」を超えて、
OSのバージョンを変えるほどの更新をする予定です。
これにより、Windows7/8.1のインストールされたマシンが、
自動的にWindows10にアップグレードされてしまいます。

3. Windows10へのアップグレードを避けるには、以下の手段を
組み合わせるのがよいでしょう。
○Windows Updateの設定を「自動更新」ではなく「手動更新」にする
○Windowsの更新をするとき、「Windows10に更新するプログラム」は
除外する。

4. Windows Updateの設定を「自動更新」ではなく「手動更新」にできます。
Windows Updateの設定に、自動更新のほかに、「手動更新」とも言うべき
ものがあります。
Windows Updateを手動更新に設定しておくと、
少なくとも勝手には更新されないのでかなり安心です。

Windows Updateの設定を「手動」にする方法は以下です。
4-1. Windows Updateを起動する
いちばん簡単なのは、スタートメニューを表示して、
そこで検索ウィンドウに Windows Update と入力することです。

4-2. 左メニュー「設定の変更」から、気に入った設定を選択する。

「手動」に設定する様子を動画で紹介します。再生時間18秒ですので、すぐ見られます。

5. 「Windows10に更新するプログラム」は更新時に除外する
「手動更新」だと、Windowsの更新をするとき、どの更新プログラムは実行する、
どれは実行しない、といったことを選択できます。
除外対象は、最初に紹介したITmediaの記事によると、以下の2つです。
・KB2952664
・KB3035583

– – –

なお、Windows7/8.1を使っているマシンでWindows10に
自動更新されてしまうことのデメリットは以下です。

「OS」でも「エクセル」でも、パソコンソフトは、
「むやみにバージョンアップしない」が原則です。
バージョンアップしたせいで「使い勝手が変わってかえって使いにくくなった」、
「バージョンアップ以前には使えていた機能が使えなくなった」といった
別の問題が起こる可能性が高いです。

セキュリティ上の問題があってやむを得ないとき以外は、
アップグレードは極力しないようにしましょう。

まして、Windows 7/8 から Windows 10への変更というのは、
大きな変更ですので、これまで使えていたソフトウェアやハードウェアが
突然使えなくなる、といったことが起こる可能性大です。

よほどの覚悟ができるまで、Windows 10へのアップグレードは
しないほうがよいかと思います。

– – –

あと、追記です。

近いうちに、新しい無料動画講座を作ろうと思っています。

○パソコンスキルを向上させたい
○エクセル、ワード、パワーポイント等のスキルをもっと身につけたい
○仕事に役立つ実践的なテクニックを知りたい

等々、いろいろなニーズがあるかと思いますが、
どんなニーズにどんな風に答えようか、と検討中です。

そこで、もしよろしければ、パソコンスキル等について、
どんなことなら学びたいか?
あなたの意見を教えてもらえないでしょうか。

あなたからいただいた意見を参考にして
無料講座を作りたいと思います。

アンケートフォームを作りました。
あなたのご意見、ぜひ、以下からお願いいたします。
http://abxhe.biz/brd/archives/rbsweg.html

※本ブログの内容についてコメント、ご質問等あれば
お気軽に seminar@exvba.com へご連絡ください。
個別にお返事はできませんが、すべて読ませていただき、
今後のお知らせの参考にいたします。

[緊急/重要] Windows Updateに注意!勝手に Windows 10にアップグレードされないように!

次回のWindows Updateで、Windows 7/8 から勝手に Windows 10にアップグレードされてしまう可能性があるようです。

もしもあなたがWindows7/8をお使いのようでしたらお気をつけください。
OSも含めて、パソコンソフトは、「むやみにバージョンアップしない」が原則です。
バージョンアップしたせいで「使い勝手が変わってかえって使いにくくなった」、「バージョンアップ以前には使えていた機能が使えなくなった」といった別の問題が起こる可能性も高いからです。
セキュリティ上の問題があってやむおえないとき以外は、アップグレードは極力しないようにしましょう。

ということで、Windows 10に勝手にアップグレードされないようにするための対処法を書きます。
以下のとおりです。

  • Windows Updateの画面からオプションの更新プログラムを表示します
  • 「Windows 10 xxx にアップグレード」にチェックが入っていたとしたら外します。

一部のWindows 7/8 マシンで、Windows Updateで勝手にWindows 10にアップグレードされてしまうらしいという噂を聞きました。

「ホントか?」と思って確認してみました。
そうしたらホントでびっくりしました。

ということで、あなりのPCでも同じことが起ころうとしていないか?のチェック方法と、もしWindows 10にアップグレードされてしまう設定だった場合の対処法について動画で説明しました。

以下の手順で、状況確認~設定の変更をできます。さっそく行ってください。

  1. Windows Updateを表示
  2. 利用可能なすべてのプログラムを表示
  3. 利用可能なすべてのプログラムを表示
  4. 「Windows 10 へのアップグレード」といった類の疑わしい文字列を見つけたらチェックをはずす
  5. [OK]ボタンを押す

[あと2日] パソコン仕事5倍速(無料)

連休の狭間のような木曜日。
どんな一日でしたか。

僕は、今日、はまちさんと取り組んでいる無料の動画講座「パソコン仕事5倍速」の追加収録をしてきました。
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

この講座。
「5月3日」という連休まっさかりの日から受講受付を開始したにもかかわらず、今日までに、もう1,478名の方に受講いただいています。

本当に、ありがとうございます。

動画を観られた方からの反響も大きく、いただいたコメント数も、すでに、347件に達しています。

受講受付は、5月9日までです。
まだのようでしたら、お早めにどうぞ。
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

「パソコン仕事5倍速」のスキルを、ぜひ身につけてください。
いままで以上に自信に溢れたあなたに、そして、社会にとってより重要な存在のあなたになってもらえれば、と思っています。

スキルアップのプロセスは、とても楽しいものです。
いっしょに、「右肩上がり」の成長を体験しましょう。

あなたをはじめとした、ひとりひとりのみなさんのパソコンスキルがアップすれば、こんな連鎖が起こります↓。

◯あなたの仕事は早く終わります
◯あなたが仕事をするときの疲労も激減します
◯あなたがあなたのために使える時間も体力も増加します
◯あなたがいっしょにいたい人との大切な時間も、より充実した時間にできます
◯あなたの仕事面でのあらゆる成長のスピードも早くなります
◯あなた自身の価値も高まります
◯あなたが会社や取引先から受け取る報酬も増えます
◯あなたの会社や取引先により喜んでもらえる仕事ができるようになります
◯あなたの会社も、社会に対してより貢献できることになります。

それはつまり、個人としての「あなた」の幸せを実現しつつも、あなたの周囲の人、あなたの会社、社会にとっても大きな価値を実現できる、ということです。

つまり、あなたのスキルアップのための努力は、あなたの幸福を増すだけでなく、「会社のため」、「社会のため」、「日本の国益」のためにも
なるということです。

大げさに聞こえるかもしれません。
でも、これは本当のことです。

ですから、まずはあなたにスキルアップをしてほしい。
そして、みんなにとってよい社会を実現したい。

僕は、本気でそう思っています。

そして、せっかくスキルアップを目指すのであれば、間違った方向の努力をするのではなく、

◯最小の努力で、最高の効果を出せるような
◯誰でも楽しく学べるような
◯右肩あがりの成長を確実にできるような

そんなスキルアップの方法をあなたにご提供します。

無料動画講座「パソコン仕事5倍速」の受講受付はこちらから↓。
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

今回の講座を作るにあたり、僕が意識したことは以下の3つです。

1. パソコンスキルは現代の「読み・書き・そろばん」
2. 「使いこなせているかどうか」の違いが生産性の差として露骨に現れる
3. 人生のステージを上げるには、基準を高く持つことが大切

1. パソコンスキルは現代の「読み・書き・そろばん」

これはもう、言うまでもないでしょう。
メールを読む、ウェブページを開く。
お客さんから送られてきたPDFファイルを開く。
社内でまわってきたワードファイルを開く。

メールを書く、検索キーワードを入力する、ワード、パワポ、エクセルのデータを編集する、等々。

あらゆる仕事にパソコンスキルが必ず絡みます。

2. 「使いこなせているかどうか」の違いが生産性の差として露骨に現れる

その一方、パソコンスキルは、実力差が如実に現れる世界でもあります。

キーボードを見ないでサラサラとタイピングできる人と入力するときキーボードばかり見ていて、
マウスが入力したいところとは別のところにあるのも気づかずあさってのところに必死になって誤字脱字だらけの文章を書いている人とでは、生産性は軽く3倍は違います。

「タイピングはキーボードを見ないでできる」という人とマウスにはほとんど手も振れず、ショートカットキーだけでほとんどの作業を完結できる人とでは、
これまた生産性は軽く3倍は違います。

「エクセルマクロ」とかの高度なノウハウを持っている人だと、これまた、マクロを書けない人と比べたときの生産性の差はヘタをすると、二桁くらい変わります。

同じようにパソコンの前で2時間、3時間、5時間…と過ごしていても、そのときにできる仕事の量と質。
ひいては、経験を積むスピードやその内容の濃さがまったく変わってしまいます。
この差は、一日やそこらでは大きな差にはなりませんが、数ヶ月もあれば、あなたと同僚とを分ける決定的な差になってしまいます。

3. 人生のステージを上げるには、基準を高く持つことが大切

僕がこの動画講座を作った理由は、あなたと同僚とを分ける決定的なスキルを、あなたにいますぐ身につけて欲しいから。

会社に行ったら、同じようにパソコンの前で何時間も過ごすわけです。
そんな日々が週5日、月20日。年間200日以上あるわけです。
そんな生活があと何年続くのでしょうか。

そんな日々をより充実した時間にし、どうせなら、内容の濃い経験を積める時間にしたい。
キャリアアップなり、年収アップなりに直結するキラースキルを手に入れて、ガンガン活用したい。

そんなあなたのために、この動画講座を用意しました。

人生のステージを上げるには、基準を高く持つことが大切です。
もしあなたが「いまの状況をより改善したい」と思われるようでしたら、ぜひ、ほんの10-20分を、この動画に投資してみてください。

損はさせません。

パソコンスキルアップにつながる内容です。
以下のページから受講登録すると、無料で視聴できます。

【パソコン仕事5倍速!】「パソコン苦手」から最短で「達人」になる秘訣とは?
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

※動画の閲覧期限は5月9日までです。もう、あまり時間がありません。なので、いますぐ、登録をお願いします

なお、コメントいただいた方にさしあげている特典動画はライブの講座のハイライトシーンです。
いままである講座の受講生にしか直接話をしていない、決定的なテクニックをお伝えしているシーンです。

このテクニックだけでも、あなたのパソコン仕事の生産性向上にメチャメチャ効果を得られるでしょう。

【パソコン仕事5倍速!】「パソコン苦手」から最短で「達人」になる秘訣とは?
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

※動画の閲覧期限は5月9日までです。もう、あまり時間がありません。なので、いますぐ、登録をお願いします

この動画講座は、特に、こんな方↓におすすめです。

◯今の自分のパソコンスキルに不満がある。
◯自分が仕事で出している成果の質に納得感がない。
◯単純作業や価値を生まない仕事に時間を奪われすぎている。
◯よりよい仕事をするための時間的・精神的余裕がない。
◯パソコンスキルが上達しない、スキルが頭打ち。
◯パソコンスキル以前に、仕事の進め方について、基本的な考え方についての知識がそもそも弱い。
◯他人に対して感じているコンプレックスがある、
自分の強みといえるスキルがない。
◯仕事での精神的・身体的な負担が大きい。
◯プライベートの時間をしっかり確保できない。
◯自己評価をもっと高めたい、納得できる成果を
出して満足している自分になりたい。
◯職場での評価や得られる報酬をもっともっと高めたい。

「上記のうちいくつかに該当する」というあなたは、ぜひこの期間限定公開の無料講座を受講してください。

以下のページから受講登録すると、無料で視聴できます。
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

※動画の閲覧期限は5月9日までです。もう、あまり時間がありません。なので、いますぐ、登録をお願いします

◯最小の努力で、最高の効果を出せるような
◯誰でも楽しく学べるような
◯右肩あがりの成長を確実にできるような

そんな楽しいスキルアップの、絶好の機会です。
ぜひ、楽しんでください!

以下のページから受講登録すると、無料で視聴できます。
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

あなたのお役にたてれば、と思っています。
ひきつづきよろしくお願いいたします。

達人養成塾 小川

[5月9日まで無料] 新幹線で乗り過ごして往復3時間

やっちまいました…。
新横浜で降利用と思って東京駅から新幹線に乗ったら。

次に意識が戻ったときには、列車は、新横浜を出るところでした。
次の駅は名古屋。

続きはこの投稿の最後に。

– – –

先日お知らせした、「5月9日まで限定公開の無料動画」。

今朝の段階で、早くも、動画視聴申込された方が1298名という状況です。

「連休中にスキルアップの機会を」ということで作ったオンラインセミナーです。
ぜひ、あなたも受講してください。

パソコンスキルアップにつながる内容です。
以下のページから受講登録すると、無料で視聴できます。
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

今回の講座を作るにあたり、僕が意識したことは以下の3つです。

1. パソコンスキルは現代の「読み・書き・そろばん」
2. 「使いこなせているかどうか」の違いが生産性の差として露骨に現れる
3. 人生のステージを上げるには、基準を高く持つことが大切

1. パソコンスキルは現代の「読み・書き・そろばん」

これはもう、言うまでもないでしょう。
メールを読む、ウェブページを開く。
お客さんから送られてきたPDFファイルを開く。
社内でまわってきたワードファイルを開く。

メールを書く、検索キーワードを入力する、
ワード、パワポ、エクセルのデータを編集する、等々。

あらゆる仕事にパソコンスキルが必ず絡みます。

2. 「使いこなせているかどうか」の違いが生産性の差として露骨に現れる

その一方、パソコンスキルは、実力差が如実に現れる世界でもあります。

「キーボードを見ないでサラサラとタイピングできる人」
という人と
「入力するとキーボードばかり見ていて、マウスが入力したいところとは別のところにあるのも気づかずあさってのところに必死になって誤字脱字だらけの文章を書いている」
という人とでは、生産性は軽く3倍は違います。

「タイピングはキーボードを見ないでできる」
という人と
「マウスにはほとんど手も振れず、ショートカットキーだけでほとんどの作業を完結できる」
という人とでは、これまた生産性は軽く3倍は違います。

「エクセルマクロ」とかの高度なノウハウを持っている人だと、これまた、マクロを書けない人と比べたときの生産性の差はヘタをすると、二桁くらい変わります。

同じようにパソコンの前で2時間、3時間、5時間…と過ごしていても、そのときにできる仕事の量と質。
ひいては、経験を積むスピードやその内容の濃さがまったく変わってしまいます。
この差は、一日やそこらでは大きな差にはなりませんが、数ヶ月もあれば、あなたと同僚とを分ける決定的な差になってしまいます。

3. 人生のステージを上げるには、基準を高く持つことが大切

僕がこの動画講座を作った理由は、あなたと同僚とを分ける決定的なスキルを、あなたにいますぐ身につけて欲しいから。

週が明けたら、また会社がはじまります。
そして、会社に行ったら、同じようにパソコンの前で何時間も過ごすわけです。
そんな日々が週5日、月20日。年間200日以上あるわけです。
そんな生活があと何年続くのでしょうか。

そんな日々をより充実した時間にし、どうせなら、内容の濃い経験を積める時間にしたい。
キャリアアップなり、年収アップなりに直結するキラースキルを手に入れて、ガンガン活用したい。

そんなあなたのために、この動画講座を用意しました。

人生のステージを上げるには、基準を高く持つことが大切です。
もしあなたが「いまの状況をより改善したい」と思われるようでしたら、ぜひ、連休後半のこの数日のうち、ほんの10-20分を、この動画のために投資してみてください。

損はさせません。

パソコンスキルアップにつながる内容です。以下のページから受講登録すると、無料で視聴できます。

【パソコン仕事5倍速!】「パソコン苦手」から最短で「達人」になる秘訣とは?
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

※動画の閲覧期限は5月9日までなので、いますぐ、登録をお願いします

なお、コメントいただいた方にさしあげている特典動画はライブの講座のハイライトシーンです。
いままである講座の受講生にしか直接話をしていない、決定的なテクニックをお伝えしているシーンです。

このテクニックだけでも、あなたのパソコン仕事の生産性向上にメチャメチャ効果を得られるでしょう。

【パソコン仕事5倍速!】「パソコン苦手」から最短で「達人」になる秘訣とは?
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

※動画の閲覧期限は5月9日までなので、いますぐ、登録をお願いします

この動画講座は、特に、こんな方↓におすすめです。

◯今の自分のパソコンスキルに不満がある。
◯自分が仕事で出している成果の質に納得感がない。
◯単純作業や価値を生まない仕事に時間を奪われすぎている。
◯よりよい仕事をするための時間的・精神的余裕がない。
◯パソコンスキルが上達しない、スキルが頭打ち。
◯パソコンスキル以前に、仕事の進め方について、
基本的な考え方についての知識がそもそも弱い。
◯他人に対して感じているコンプレックスがある、
自分の強みといえるスキルがない。
◯仕事での精神的・身体的な負担が大きい。
◯プライベートの時間をしっかり確保できない。
◯自己評価をもっと高めたい、納得できる成果を
出して満足している自分になりたい。
◯職場での評価や得られる報酬をもっともっと高めたい。

「上記のうちいくつかに該当する」というあなたは、ぜひこの期間限定公開の無料講座を受講してください。

以下のページから受講登録すると、無料で視聴できます。
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

※動画の閲覧期限は5月9日までなので、いますぐ、登録をお願いします

あなたのお役にたてれば、と思っています。
ひきつづきよろしくお願いいたします。

達人養成塾 小川

ps.
新幹線で乗り過ごしてしまった件。
やってしまいました。。

昨日のこと。
友人に誘われて、葛西臨海公園での潮干狩りに行ってきました。
収穫物の貝をカバンに入れ、自宅のある新横浜まで、東京駅から新幹線に乗って帰ることに。
ところが、日に当たりながら運動した疲れがでたのか、席についたところでついウトウトしてしまい…。

次に目が覚めたら、列車は新横浜を出発するところ orz

実は、新幹線では、乗り過ごしをしたとしても、正直に申告すると追加料金なしで元の駅まで戻ることができるらしいです。

でもそれもなんか悔しいので、「名古屋で遊んでくれる人募集」とフェイスブックで告知。

すると、愛知出身で東京で味噌煮込みうどん店をやっている大学の後輩から、「地元で味噌煮込みうどん店めぐりをしているから、
いっしょにどうですか?」というお誘いが。

名古屋駅から地下鉄→バスと乗り継いでさらに40分。
後輩君推薦のお店でうどん食べてきました。

めっさ、旨かったです ヾ(´ー`)ノ

経済的合理性の視点で見たら無駄以外の何者でもありませんが。

合理性の追求よりも、無駄を楽しめることとか、いろんな体験をできることとかのほうが、人生には大切かと。

合理性の追求は、無駄を楽しむ時間やお金を十分に確保するためにすることじゃないかと。
あなたはどうですか?

最後に、お世話になった後輩君のお店を紹介しておきます。
酒と味噌煮込み「味噌煮込罠(みそにこみん)」
http://www.misonikomin.com/

もうすぐ開業10年になる名店です。

VBAの知識・スキルを有していると見なされるためには、どの段階まで学習すればよろしいのでしょうか?

達人養成塾小川です。
こんにちは。

以下の様な質問をいただきました。

この度「エクセルマクロ・VBA導入編」の学習を終了致しました◯◯と申します。今後のVBAの学習に関してお尋ねしたく、ご連絡を差し上げた次第です。

現時点で業務においてエクセルを使用する機会はありませんが、時間的余裕のある今だからこそVBAを習得したいと思っています。

VBAの知識・スキルを有していると見なされるためには、どの段階まで学習すればよろしいのでしょうか?

まずは、
エクセルVBA基礎編講座  → エクセルVBA発展編講座1  → エクセルVBA発展編講座2 → エクセルVBA外部連携講座 
というステップで学んでいこうと考えておりますが、学習モデルなどを提示していただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

VBAの知識・スキルを有していると見なされるためには、どの段階まで学習すればよろしいのでしょうか?

ということですが。
「みなす」のが誰がによって、目指すべき段階は変わります。

参考までに、「僕がまあまあ安心して仕事を任せられるレベル」であれば
以下のマクロを2時間くらいで書き上げられるくらいのレベルでしょうか。

マクロを使って、ひとつのデータを元に複数のシートを連続作成

このくらいであれば、「エクセルVBA発展編講座1 」くらいでOKです。

順序としては、以下のような流れですね。
エクセルVBA基礎編講座 エクセルVBA発展編講座1

【追加開催】2015年1月17日「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」

達人養成塾 事務局水谷です。

「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」
年明け第一弾が2015年1月17日(土)に開催決定しました!

興味のある方は是非、受講してみてください。
↓お申し込みはこちらから↓
https://padstudy.jp/order/course?id=10

年内最後の
「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」
12月7日(土)です。
こちらも申込受付中です。
今、定員20名に対して10名ちょっとの方が申し込まれています。
定員になり次第、キャンセル待ちとなりますのでお早めにお申し込みください!

なぜ、「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」では、たった1日で大量のショートカットキー操作を習得できるのか?

達人養成塾事務局 水谷です。

「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」という講座があります。

たった1日の講座と、その後の毎日1回、10分だけやってもらう復習メニューだけで、1ヶ月もすると誰でもマウスから手が離れ、「基本のPC操作はキーボードショートカットだけでするのが当たり前」になってしまうという講座です。

マウスを使うのをやめてキーボードショートカットだけでPC操作をするようになるだけで、こんな大きなメリットを得られます↓。

◯時間 – 3倍早く仕事が終わるようになります
◯身体 – 3倍楽に仕事が終わるようになります
◯精神 – 3倍余裕をもって仕事が終わるようになります
◯思考 – 3倍明晰に働くようになります
◯外的 – 3倍すごそうに見えます

はっきり書きますが、誰でもそうなれるので、絶対にキーボードショートカットだけで基本的なPC操作は完了できるようになったほうがよいです。

で、どうして達人養成塾の「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」ではたった1ヶ月だけで誰でもその域に到達できるのかというと。
理由はいろいろあるのですが、そのうち秘密のひとつは、講座の構成とその後のフォローの仕組みにあります。
そのどちらでも、勉強法マニアの小川のノウハウのキモとも言うべきことが凝縮されています。

今、11月8日に大阪、11月15日に東京で実施した講座のフォロー期間中です。
今日は、そのフォローに絡んで、M.Sさんとやりとりしていたときにいただいたメールを以下に紹介します。

この講座、学ぶことについての肝の塊のような気がします。
スマートにスリムに学ぶことを体系化していますよね。

本当に素晴らしいです。
考え込まれた内容であることは、よくわかりました。
自分の近くに、こんなふうに教えてくれる人がいたらいいなぁと、素直に思いました。

講座の午前中の説明だけでも、自分には衝撃でした。
そうか、学習って、そうすると楽しく覚えられるんだって、無理せずやれる方法を教わったと思っています。

講座中も、小川さんの意気込みを感じました。
セミナー中に厳しく指導している姿を見て、「本気で育ってほしい」、「何かをつかんでほしい」と思っているんだなと感じました。
普通、セミナーって、もう少しぬるいです。

チャンク化も、小川さんはわかりやすく説明してくれましたが、それなりに全体がわかってる人じゃないと、チャンク化できないことって多いですしね。

「チャンク化」というのは、複数の事を覚えるにあたってそれぞれ別個に覚えるのではなく、一つの塊として覚えることを言います。

わかりやすい例の一つは、電話番号を覚えるとき。

例えば、達人養成塾のフリーダイヤルは以下の番号です。
0120-096-352

ファクス番号は以下の番号です。
050-3737-3775

これを、0.1.121.0.0.9.6.3.5.12.0.5.0.3.7.3.7.3.7.7.5と、21個の数字として覚えようとするとそれは無理です。
「0120」、「096」、「352」、「050」、「3737」、「3775」と、6個の数字の塊として覚えるならばそれほど難しいものではなくなります。

これが、「チャンク化」というテクニックです。

達人養成塾のイヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップでは、この「チャンク化」というテクニックを使って通常ならありえないほどの量のキーボードショートカットのテクニックをたった1日で習得します。

そして、30日間のフォロー期間中にそれをますます定着させていきます。

成果は早い段階から確実に出ます。

例えば、このM.Sさん。
まだ講座受講から1週間も経っていませんが、早くもPC操作のスピードが2倍以上になっています。

昨日は、こんな報告もいただきました。

昨日も過酷なエクセル資料作成がありましたが、不思議とこのワークをして以降、肩が痛くなくなりました。
おそらく、画面を凝視しなくなってきてるんだと思いますし、パソコンと少し気楽に向き合えてる感覚があります。

お仕事でもどんどんショートカットキーを活用されていてすばらしいです。

年内は、この講座は、12月7日(日) で最後です。
ピンと来た方は、ぜひ、お見逃しなく!

「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」

PC作業にかかる時間が半分~5分の1に

達人養成塾 小川です。

「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」
10月に受講されて、最近サポート期間が終わったばかりの方から
感想をいただきました。

> セミナー受講後は、マウスはほとんど使わなくなり、
> 操作をキーボードだけでできることが多くなりました。
> 時間的にはこれまでの半分から5分の1くらいまで短縮できたと思います。

とのことです。

以下に、ほぼ全文掲載します。

お世話になっております。
10/4のワークショップ受講の遠藤美絵です。
30日間の記録を送付いたします。
また、セミナー受講、30日間の記録についての感想は下記の通りです。

<セミナー・30日間トレーニング全体>
・マクロを勉強する前に、ショートカットキー操作をある程度
身につけたほうがよいとのアドバイスを受け本講座を受講しました。
正直、ショートカットキーがそんなにすごいものなのか、
このセミナーが本当にすごいのか、半分疑っていましたが、
ホームページのキャッチコピー通りの成果を得られ、
大変うれしく思っています。

・受講前は、コピー&ペーストと、上のセルのコピー&ペーストの
ショートカットキーしか使ったことがありませんでしたが、
セミナー受講後は、 マウスはほとんど使わなくなり、
操作をキーボードだけでできることが多くなりました。
時間的にはこれまでの半分から5分の1くらいまで短縮できたと思います。

・マウスを使わなくなったことで、手首の痛みが消え、
マウスのポインタを合わせるときのイライラも解消されました。
また、 今何やっていたっけ?といった、思考の中断が激減しました。

ショートカットキー操作の上達だけでなく、何にでも使えそうな勉強法、
取組み方法を身につけられたことも大きな収穫です。

やる気さえあれば、この30日のトレーニング方法で
いろいろなことに挑戦できる、と自分に自信を得ることができました。

・小川先生は、…セミナー・30日間のフォローでは、
率直かつ簡潔な意見を言ってくださるので、信頼でき、
毎日のコメントが楽しみでした。とても励みになっていました。

そのほかにも、30日のサポート期間に感じたことを
たくさん書いていただきましたが。
ですが、長くなりすぎるので、それについてはまた機会を見て
紹介したいと思います。

どうでしょうか。

この遠藤美絵さんの感想にもあるとおり、
「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」
についてはじめて聞いた方の多くが、

●「ショートカットの講座?なにそれ?」とか、
●「そんなの効果あるの?」とか、

そんな感じの印象を持たれるようです。

ですが、断言します。

マウスから手が離れて、ショートカットキーだけで
ほとんどのPC操作をできるようになると、生産性はバツグンに上がります。

◯仕事が進むスピードは3倍早くなるし
◯身体は3倍楽になるし
◯精神的には3倍余裕を持って仕事をできるようになるし
◯思考は3倍明晰になるし
◯見た目に3倍すごそうに見えるようになるし
◯思考は3倍明晰になります

ただし、それは、「ショートカットキーを知っている」というレベルではなく。
「ときどき使っている」というレベルではなく。

「PC触っているときはほとんどショートカット。たまに、仕方なくマウスを使う」
というくらいまで手元が改善されてはじめて得られる効果です。

「知らない」と「知っている」以上に、「知っている」と「使いこなせる」の間に膨大な実力差と
生産性の差があるショートカットキー操作。

「ショートカットキー?知らないよ」という方。
「ショートカットキー?たまにしか使ってないね」という方。

ぜひ、この講座に参加して、僕らの仲間になってください。

実務直結のショートカットキーを無駄なく確実にマスターできる
達人養成塾オリジナルの独自メソッドで演習を行い、受講後のフォローをします。
フォロー期間も、充実の30日。新しいスキルを習得し、確実に定着させるための期間としては十分な長さです。

受講の負担はほとんどありません。
講座は週末のたった1日。
フォロー期間にやる宿題は、「1日1回、たった10分」ぽっきりの分量
です。

受講者はFacebook内の受講者限定コミュニティにご案内。
宿題を提出いただいた方には毎日個別にフィードバック。
ひとりひとりへのフィードバックを参加者全員が見られますので、
かなり深い学びを得られます。

この講座に参加することでの、下のグラフにあるような
右肩あがりのあなたの成長を約束します。
https://www.exvba.com/winxls.php#graph

ワークショップで身体と頭に徹底的に叩き込んで、
その後の30日のフォローを通じて、身体にしっかりと定着させます。

12月にも一度だけやりますが、年内はこれで最後です。

ピン!と来た方はいますぐ以下からお申込みください。
https://padstudy.jp/order/course?id=10

あなたのご参加をお待ちしていますね。