Category Archives: 学習法・教育法

【質問】「エクセルマクロ発展編1」での学び方について

ガラパゴスタディー小川です。

最近、ある方からこんな質問を受けました↓。

--------------------

ワクワクしながら2/15から発展編を開始しましたがその後インフルエンザでダウン、
花粉症でダウンと2週間もまともに勉強することができないまま過ぎてしまい
その間のフォローアップミニセミナーがたくさんたまってしまいました。
何とか今日1日でミニセミナー5まで完了し発展編動画14まで見ることが出来ましたが・・
勉強の方法としてまずは発展編の動画をすべて見てからフォローアップにすすめばいいんでしょうか。

今自分が作成したいマクロもあり(伝票マクロを参考に)あれもこれもと気持ちばかりあせります。

整理しながら着実にとは思っていますが学びの方法について少しアドバイス頂けると助かります。

--------------------

ということで、今日はこんな質問へのご回答です。
エクセルマクロを学びたいという多くの方が、似たような悩みを持たれることと思います。ということで、がっつり回答しました。

今回はご回答を動画でお伝えいたします。

 

収録時の設定を間違えてしまって、僕がキーボードを打つ音が
カタカタうるさいですが。。そのことだけご了承ください m(_ _)m

以下からどうぞ。

以下は、動画内で紹介した関連リンクです。
こちらは文字だけですが、やはり、理系科目学習に共通する
核心的ネタを書いています。
http://www.exvba.com/comment_detail.php?comment_id=5411

 

エクセルを使うにあたって、ショートカット​キーは何か覚え方があるのですか?

23日から期間限定で公開した、以下の新無料講座

☆東京大学出身・元日本IBM社内講師が教えるパソコン仕事5倍速の秘訣
 http://pc5bai.com/5bai/freemovie/index/?a=140

早くも、受講生数が2,000名を突破しました。

対話重視の講座にしたいと思っている関係上、
あまりに増えると、早期に「公開終了」とし、
それ以降は、受講登録済の方限定のサポートにするかもしれません。

気になっている方は、お早目に、お申し込みください。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

ということで、今日は、この新講座に寄せられた質問があるので、

それへのお返事をここで書きます。

> エクセルを使うにあたって、ショートカットキーは
> 何か覚え方があるのですか?

というご質問です。(原文ママ)

話の続きです。

> エクセルを使うにあたって、ショートカットキーは
> 何か覚え方があるのですか?

というご質問について。

僕がお伝えしたいのは、以下のポイントです。

[1] あっても役に立たないもの、たいして使わないものは覚えないと決めて、無視
[2] 頻繁に使うものは優先して覚える
[3] 一度にたくさん覚えようとしない

[1] あっても役に立たないもの、たいして使わないものは覚えないと決めて、無視

↑これ、とても大切なポイントです。

「エクセルショートカット全リスト!」みたいなのを見かけて、
「そうか。これ全部覚えたらオレもエクセルマスターか!」と思って
全部覚えようとする人がいます(もしくは、ひとつも覚えないで挫折)。

これはやめたほうがよいです。

「8:2の法則」という言葉もありますが、本当に覚えて意味のある
ショートカットキーなんて、100個のうちせいぜい20個。
(本当はもっと絞り込めます)

ぜんぶ覚えても、ほとんどは労力のムダです。

[2] 頻繁に使うものは優先して覚える

反対に、「これは!」というものがあったら、
徹底して使いましょう。もう、「その操作は絶対にショートカットキーでやる」
と決めて、とにかくストイックに。

コピーは [Ctrl] + [C] と決めたら、
金輪際、マウスでコピーするのはやめます。

最初とてもストレスですが、慣れてきてマウスより楽だと
身体が納得すると、あとは無意識にできるようになります。

[3] 一度にたくさん覚えようとしない

これも、ハマる方をよく見かけますね。
100個のショートキーのうち、よく使いそうなもの20個を選んだぞ!
さあ、じゃ、この20個を全部いっきに覚えるぞ!

そう宣言して、結局1つもマスターできなかったという人を、
よく見かけます(汗

順番を決めて、ひとつづつ覚えていきましょう。
せいぜい、同時にチャレンジできるのは5個くらいまでです。

※もっとも、20個のショートカットキーをいっきにマスターする
 方法も、あるにはあります。
 「裏ワザ」とも言える方法です。
 僕に言わせれば王道ですが。

それについては、以下の講座でお話します。

☆東京大学出身・元日本IBM社内講師が教えるパソコン仕事5倍速の秘訣
 http://pc5bai.com/5bai/freemovie/index/?a=140

※本ブログの内容についてコメント、ご質問等あれば
 お気軽に seminar@exbva.com へご連絡ください。
 個別にお返事はできませんが、すべて読ませていただき、
 今後のお知らせの参考にいたします。

形に合った機能、機能に合った形 – マーティ・ニューマイヤー

京都に来ています。
新幹線の中で、マーティ・ニューマイヤーという方の書いた、以下の本を読みました。

「小さな天才になるための46のルール」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/480251011X/konesweb0f-22/

仕事でイノベーションを起こしたい人のための本です。

「2-3ページくらいで1つのノウハウ」 x 46個

ということで、さらっと読めます。なかなかおすすめ。

で、今日は、その中から、「これは!」と思ったところをひとつご紹介します。

「小さな天才になるための46のルール」

から。

「形に合った機能、機能に合った形を」

という言葉が出てきました。

こういう思想って、

「パソコンスキルの上達」とか、
「パソコン使ってさくさく仕事で結果を出せるかどうか」

とかいったところにも、直結します。

パソコン得意になる人、上達が早い人って、

新しい機能やパソコンの操作方法を学ぶと、
その機能なり操作方法なりにあわせて、

○元データの作り方

とか

○キーボードと自分との距離感、目や肘、手首の使い方

をどんどん変えていける傾向があります。

エクセルなんかは特に顕著です。

○VLookUp関数

とか

○ピボットテーブル

とか

○エクセルマクロ

とか、エクセルにはスゲー機能がいろいろあるんですけど。

たが、こういう機能を知っても、
「自分の手元のエクセル表には、そのままでは使えない」
ていことも多いです。

そのとき、

●これ、オレの仕事には使えねーなー

で終ってしまう人と。

○なるほど。こんな便利な機能があのるか。じゃ、これを使うには、
元データの持ち方をどう変えていけばいいんだろう?

と考えて、仕事の動線そのものを変えてしまう人がいます。

「パソコン得意」になる人って、だいたい後者のパターンですね。

そこで、冒頭に紹介した「形に合った機能、機能に合った形」
という言葉に行き着くのですが。

要は、「エクセルのこの『機能』の価値を最大化できるとしたら、
元データはどういう『形』に整っていれば良いのだろう?」ということを
なんとなく察して、

『機能」にあった『形』を実現できることがポイントなんです。

ただ、「そんなこと言われたって、抽象的すぎてわかんねーよ」
という方もいらっしゃると思うので。

毎度毎度紹介していますが、以下の無料動画講座で、
いきなり究極の結論をお伝えしています。

○エクセル仕事を劇的に楽にする「DPRフレームワーク」
http://www.exvba.com/dpr.php

もしも何か感じるところがあるようでしたら、ぜひ、
この講座を見てみてください。

ヘタに知識を追いかけるより、この『形』を学んだほうが
エクセル上達にはよほど近道です。

というか、パソコン仕事全体のスキル向上になりますし、
パソコン以前に仕事の進め方そのものについて考えるときに
役に立つかと思います。

ちょうど、友人から今朝届いたメールがあるので、
参考までにシェアしますね。

>今日突然小川さんを思い出し、DPRの動画1~5を見ました!!
>とてもよくまとまっていて「そうそう!そういうことなのよ!」と
>感動しながら観させて頂きました。
>私がゼロから説明できない感覚を見事に説明してくれている動画でした。
>Excelを普段使っている人でも、見た目重視で、DをRで持ちたがる人がいて
>「DとRは別なんだよ」ということ何度言っても理解されず困っています。
>動画を見て、あるあるなんだなと思いました。

↓こちらの無料講座です。

○エクセル仕事を劇的に楽にする「DPRフレームワーク」
http://www.exvba.com/dpr.php

あと、

○キーボードと自分との距離感、目や肘、手首の使い方

のことも書かなきゃ!とも思っているのですが。

書いていると長くなってしまいそうなので、
またの機会に。

気になる方は…。とりあえず、このブログでここまでに書いたことを
参考に、いろいろ試してみてください!

– – –

ps.

「パソコンスキルを身に着けたい」という方のために
新しく無料教材を作りたいということでアンケートをしてきました。

アンケートの〆切は今日までとします。
ご意見、ご希望があれば早目にお知らせください。
http://abxhe.biz/brd/archives/rbsweg.html

※本ブログの内容についてコメント、ご質問等あれば
お気軽に seminar@exvba.com へご連絡ください。
個別にお返事はできませんが、すべて読ませていただき、
今後のお知らせの参考にいたします。

数学や算数がとても苦手なあなたのための「パソコンスキル」の学び方

昨日のブログに掲載した「半強制的なWindows10へのアップグレードを阻止する方法」
には、多くの反響がありました。

ありがとうございます。

それで、そのブログの末尾に、

○パソコンスキルを向上させたい
○エクセル、ワード、パワーポイント等のスキルをもっと身につけたい
○仕事に役立つ実践的なテクニックを知りたい

といったニーズをお持ちのあなたのために

「無料動画」を作りたいと思います!

というお話と、そのための、ご意見ご要望受付
アンケートフォームを設置しました。

http://abxhe.biz/brd/archives/rbsweg.html
↑アンケートはまだまだ受けつけています!

そこで出てきた相談(?)からふと思い出した、
パソコンスキル向上の役に立ちそうな話があります。

今日は、そのお話をシェアしたいと思います。

題して、

☆数学や算数がとても苦手なあなたのための「パソコンスキル」の学び方

です。

昨年の暮のこと。

僕がオンラインでやっているエクセルマクロ講座の受講生の方から、
こんな質問を受けました。

>小川様 お世話になっております。勉強方法について質問させてください。
>
>1.動画を見る前に問題を自分で考えてから解いてみて、動画をみる。
>2.動画を見てから自分で同じように書いて練習する。
>
>私は、1でやるとまったく想像力がないので。。手が止まってしまいやる気を失ってしまいます。
>2の方法でも上達するでしょうか。それともおすすめはやはり1の方法でしょうか。
>
>個人個人で最適な勉強方法は違うと思いますが。。先生のご意見を教えていただけましたら幸いです。
>
>あと、数学や算数がまったく得意でないのですが。。それにマクロの取得は関係ありますか?
>得意不得意関係なくある程度のところまではマクロは書けるようになりますか。
>動画のおかげで確実に上達しているとは思うのですが、不安な気持ちです。励ましてください!
>
>どうぞよろしくお願いいたします。

「算数や数学が苦手」というところからはじまって、

「だから、私はパソコンのスキルも身につかないのではないだろうか」

といった不安を持たれる方は多いです。

「理系科目が苦手だから…」
「そもそも、勉強苦手だから…」

等々。

切ないですよね。

ですが、結論から言うと、「算数や数学が苦手」でも、
「理系科目が苦手」でも、「勉強がそもそも苦手」でも、
パソコンスキルを身につけることは十分可能です。

ただ、学び方がイケてないと、時間はかかります。
そして、学び方がイケてないと、時間をかけて学んでいるうちに、
挫折してしまうかもしれません。。

それは、切ないですね。

あと、同様の相談で僕がよく受けるものに、
「算数、数学が苦手な人」とか「理系科目が苦手な人」に、
どうすれば、パソコンスキルを「教えられるのか?」
という質問があります。

教える立場で、「そういう人にどう教えたら良いのか?」
ということですね。

では、どうすれば良いのか?

実は、簡単確実な方法があります。
これは、理系科目に共通の上達法で、そのままパソコンスキル向上にも使えるノウハウです。

上記の質問をされた受講生の方へに僕からした本気の回答を、
ウェブページに載せています。

転載しようかとも思ったのですが、ブログの本文につけると
長くなってしまうので、その回答を書いたページへのリンクを貼ります。

☆自分は算数、数学が苦手だけど、パソコンスキルを身に着けたい
☆算数、数学が苦手な方にパソコンスキルを身につけさせたい

そんな方は、ぜひ、以下のリンクをクリックして、
ウェブページをご覧ください。

理系科目に共通の上達法で、そのままパソコンスキル向上にも使えるノウハウです。
こちらから↓。
http://abxhe.biz/brd/archives/cpjawe.html

– – –

あと、追記です。

そんなわけで、最近、「パソコンスキルを身に着けたい」という方のために
しっかりした教材を作りたいという意欲が僕の中で高まっています。

近いうちに、新しい無料動画講座を作ろうと思っています。

そこで、もしよろしければ、パソコンスキル等について、
どんなことなら学びたいか?
あなたの意見を教えてもらえないでしょうか。

○パソコンスキルを向上させたい
○エクセル、ワード、パワーポイント等のスキルをもっと身につけたい
○仕事に役立つ実践的なテクニックを知りたい

等々、いろいろなニーズがあるかと思いますが、
どんなニーズにどんな風に答えようか、と検討中です。

あなたからいただいた意見を参考にして
無料講座を作りたいと思います。

アンケートフォームを作りました。
あなたのご意見、ぜひ、以下からお願いいたします。
http://abxhe.biz/brd/archives/rbsweg.html

※本ブログの内容についてコメント、ご質問等あれば
お気軽に seminar@exvba.com へご連絡ください。
個別にお返事はできませんが、すべて読ませていただき、
今後のお知らせの参考にいたします。

[5月9日まで無料] 新幹線で乗り過ごして往復3時間

やっちまいました…。
新横浜で降利用と思って東京駅から新幹線に乗ったら。

次に意識が戻ったときには、列車は、新横浜を出るところでした。
次の駅は名古屋。

続きはこの投稿の最後に。

– – –

先日お知らせした、「5月9日まで限定公開の無料動画」。

今朝の段階で、早くも、動画視聴申込された方が1298名という状況です。

「連休中にスキルアップの機会を」ということで作ったオンラインセミナーです。
ぜひ、あなたも受講してください。

パソコンスキルアップにつながる内容です。
以下のページから受講登録すると、無料で視聴できます。
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

今回の講座を作るにあたり、僕が意識したことは以下の3つです。

1. パソコンスキルは現代の「読み・書き・そろばん」
2. 「使いこなせているかどうか」の違いが生産性の差として露骨に現れる
3. 人生のステージを上げるには、基準を高く持つことが大切

1. パソコンスキルは現代の「読み・書き・そろばん」

これはもう、言うまでもないでしょう。
メールを読む、ウェブページを開く。
お客さんから送られてきたPDFファイルを開く。
社内でまわってきたワードファイルを開く。

メールを書く、検索キーワードを入力する、
ワード、パワポ、エクセルのデータを編集する、等々。

あらゆる仕事にパソコンスキルが必ず絡みます。

2. 「使いこなせているかどうか」の違いが生産性の差として露骨に現れる

その一方、パソコンスキルは、実力差が如実に現れる世界でもあります。

「キーボードを見ないでサラサラとタイピングできる人」
という人と
「入力するとキーボードばかり見ていて、マウスが入力したいところとは別のところにあるのも気づかずあさってのところに必死になって誤字脱字だらけの文章を書いている」
という人とでは、生産性は軽く3倍は違います。

「タイピングはキーボードを見ないでできる」
という人と
「マウスにはほとんど手も振れず、ショートカットキーだけでほとんどの作業を完結できる」
という人とでは、これまた生産性は軽く3倍は違います。

「エクセルマクロ」とかの高度なノウハウを持っている人だと、これまた、マクロを書けない人と比べたときの生産性の差はヘタをすると、二桁くらい変わります。

同じようにパソコンの前で2時間、3時間、5時間…と過ごしていても、そのときにできる仕事の量と質。
ひいては、経験を積むスピードやその内容の濃さがまったく変わってしまいます。
この差は、一日やそこらでは大きな差にはなりませんが、数ヶ月もあれば、あなたと同僚とを分ける決定的な差になってしまいます。

3. 人生のステージを上げるには、基準を高く持つことが大切

僕がこの動画講座を作った理由は、あなたと同僚とを分ける決定的なスキルを、あなたにいますぐ身につけて欲しいから。

週が明けたら、また会社がはじまります。
そして、会社に行ったら、同じようにパソコンの前で何時間も過ごすわけです。
そんな日々が週5日、月20日。年間200日以上あるわけです。
そんな生活があと何年続くのでしょうか。

そんな日々をより充実した時間にし、どうせなら、内容の濃い経験を積める時間にしたい。
キャリアアップなり、年収アップなりに直結するキラースキルを手に入れて、ガンガン活用したい。

そんなあなたのために、この動画講座を用意しました。

人生のステージを上げるには、基準を高く持つことが大切です。
もしあなたが「いまの状況をより改善したい」と思われるようでしたら、ぜひ、連休後半のこの数日のうち、ほんの10-20分を、この動画のために投資してみてください。

損はさせません。

パソコンスキルアップにつながる内容です。以下のページから受講登録すると、無料で視聴できます。

【パソコン仕事5倍速!】「パソコン苦手」から最短で「達人」になる秘訣とは?
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

※動画の閲覧期限は5月9日までなので、いますぐ、登録をお願いします

なお、コメントいただいた方にさしあげている特典動画はライブの講座のハイライトシーンです。
いままである講座の受講生にしか直接話をしていない、決定的なテクニックをお伝えしているシーンです。

このテクニックだけでも、あなたのパソコン仕事の生産性向上にメチャメチャ効果を得られるでしょう。

【パソコン仕事5倍速!】「パソコン苦手」から最短で「達人」になる秘訣とは?
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

※動画の閲覧期限は5月9日までなので、いますぐ、登録をお願いします

この動画講座は、特に、こんな方↓におすすめです。

◯今の自分のパソコンスキルに不満がある。
◯自分が仕事で出している成果の質に納得感がない。
◯単純作業や価値を生まない仕事に時間を奪われすぎている。
◯よりよい仕事をするための時間的・精神的余裕がない。
◯パソコンスキルが上達しない、スキルが頭打ち。
◯パソコンスキル以前に、仕事の進め方について、
基本的な考え方についての知識がそもそも弱い。
◯他人に対して感じているコンプレックスがある、
自分の強みといえるスキルがない。
◯仕事での精神的・身体的な負担が大きい。
◯プライベートの時間をしっかり確保できない。
◯自己評価をもっと高めたい、納得できる成果を
出して満足している自分になりたい。
◯職場での評価や得られる報酬をもっともっと高めたい。

「上記のうちいくつかに該当する」というあなたは、ぜひこの期間限定公開の無料講座を受講してください。

以下のページから受講登録すると、無料で視聴できます。
http://03auto.biz/clk/archives/mqwpbw.html

※動画の閲覧期限は5月9日までなので、いますぐ、登録をお願いします

あなたのお役にたてれば、と思っています。
ひきつづきよろしくお願いいたします。

達人養成塾 小川

ps.
新幹線で乗り過ごしてしまった件。
やってしまいました。。

昨日のこと。
友人に誘われて、葛西臨海公園での潮干狩りに行ってきました。
収穫物の貝をカバンに入れ、自宅のある新横浜まで、東京駅から新幹線に乗って帰ることに。
ところが、日に当たりながら運動した疲れがでたのか、席についたところでついウトウトしてしまい…。

次に目が覚めたら、列車は新横浜を出発するところ orz

実は、新幹線では、乗り過ごしをしたとしても、正直に申告すると追加料金なしで元の駅まで戻ることができるらしいです。

でもそれもなんか悔しいので、「名古屋で遊んでくれる人募集」とフェイスブックで告知。

すると、愛知出身で東京で味噌煮込みうどん店をやっている大学の後輩から、「地元で味噌煮込みうどん店めぐりをしているから、
いっしょにどうですか?」というお誘いが。

名古屋駅から地下鉄→バスと乗り継いでさらに40分。
後輩君推薦のお店でうどん食べてきました。

めっさ、旨かったです ヾ(´ー`)ノ

経済的合理性の視点で見たら無駄以外の何者でもありませんが。

合理性の追求よりも、無駄を楽しめることとか、いろんな体験をできることとかのほうが、人生には大切かと。

合理性の追求は、無駄を楽しむ時間やお金を十分に確保するためにすることじゃないかと。
あなたはどうですか?

最後に、お世話になった後輩君のお店を紹介しておきます。
酒と味噌煮込み「味噌煮込罠(みそにこみん)」
http://www.misonikomin.com/

もうすぐ開業10年になる名店です。

最強にして最大の「学びのマスターキー」と「キャリアアップのマスターキー」

3月7日(土)に実施した、佐藤しょうおんさんとの「サラリーマンで年収1,000万円を目指せ!ジョイントセミナー」、無事終了しました。
http://www.exvba.com/sjoint.php

サラリーマン年収1,000万円を目指せ!コラボセミナー

サラリーマン年収1,000万円を目指せ!コラボセミナー



僕は、『最強にして最大の「学びのマスターキー」と「キャリアアップのマスターキー」』ということで、勉強法と、学んだことの活用法をガッツリ話しました。

受講生の声を紹介すると、こんな感じ↓。

小川先生のマスターキーについては今後のことを考える上で非常に有効な思考だと思いました。
別の人の言葉をお借りすれば「世界は有機的につながっている」というのを再認識しました。

まだ自分の中でその思考が腑に落ち、実感できるほどのものがないので今後、研鑽していきたいです。

レジュメもあり見返す上で、非常に助かります。

自分の普段の生活をマスターキーに当てはめてみて、いかに深い階層迄行っていなかが分かりました。今まで色々な分野を学んでも浅いところで終っていたので、より深い階層を意識して各種の学びを繋げて強いものにしていきたいと思います。
また上司の目線の話は、大変具体的で職場の状況をイメージしながら自分の中に落とし込めました。仕事の質をぐっと上げるスパイスになり始めています。これを継続していけるよう努力していきます。
小川先生、しょ~おん先生、密度の濃い貴重な講義をいただきありがとうございました。
参加できてよかったと心から思えました。
先生たちが伝えたかったことを理解できたかはわかりませんが、私の印象に残ったのは以下のことです。

・リアルだろうがITだろうが身体化して世界との調和を目指せば学びは加速する
・全てを意識化して「速さ」と「正確さ」を追求すれば出来る人になれる
・何かの分野で変態と呼ばれてこそ本物

などです。学びは身体化することを意識すること、そしてそれが世界との関わりの中でどのような調和を作れるかを考えることが大切なのだと思いました。しかしもっとも心に深く刻まれたのはしょうおん先生が最後のほうで言っていた「技とは世界観」という言葉です。財布の中としては厳しい価格でしたが、価値としては十分に元をとれました。第二弾を期待しています。ありがとうございました。

人生における目標設定と達成の仕方がよく分かりました。マインドマップ、非言語の世界、マスターキー、等今回の講義で、今までにない刺激を受けました。特にマインドマップ「身体の階層モデル」はとても感動しました、見るたびに感動します!
 また、仕事への取り組み方、気もちの持ち方がとても分かりやすく「なるほど」と理解することができました。私は特に仕事の「早さ」よりも「正確さ」にこだわってしまうので、反省し改善を意識していきたいです。今回の話を聞き「どんな人でもできる!」とわかり、やる気と希望が心の底から湧き出しました!ありがとうございます!他、日常常時、常に意識し、改善し、流されず、世界と調和し「知の道」へと進む必要、重要性が更に理解でき、毎日が更に幸せに過ごせそうです。

充実したとても楽しい時間を過ごすことができ、心より感謝いたします。
ありがとうございました。

人生における目標設定と達成の仕方がよく分かりました。マインドマップ、非言語の世界、マスターキー、等今回の講義で、今までにない刺激を受けました。特にマインドマップ「身体の階層モデル」はとても感動しました、見るたびに感動します!
 また、仕事への取り組み方、気もちの持ち方がとても分かりやすく「なるほど」と理解することができました。私は特に仕事の「早さ」よりも「正確さ」にこだわってしまうので、反省し改善を意識していきたいです。今回の話を聞き「どんな人でもできる!」とわかり、やる気と希望が心の底から湧き出しました!ありがとうございます!他、日常常時、常に意識し、改善し、流されず、世界と調和し「知の道」へと進む必要、重要性が更に理解でき、毎日が更に幸せに過ごせそうです。

充実したとても楽しい時間を過ごすことができ、心より感謝いたします。
ありがとうございました。

第二弾を!という声もいただいているので、また主催者の佐藤しょうおんさんのほうから何かあるかもしれません。

ps. 今日は、震災4年目ですね。そして、僕の誕生日でもあります。

キャンセル待ちとなりました

おかげさまで、昨日ご案内した講座は、1週間前の告知にもかかわらず、2日でキャンセル待ちとなりました。
最終的に僕がもらった最大の枠(50名)も若干超えてしまいました。

キャンセルが出るかもしれないので、気になる方はキャンセル待ちに申し込みお願いいたします。

副業不要!年収1,000万円をサラリーマンとしてまっとうに働くだけで稼げるようになる方法を知りたくありませんか。

直近に開催する、「学びのマスターキー」、「活用のマスターキー」を手に入れる講座。

詳細をまとめたページを作りましたのでお知らせします。

サラリーマンで年収1,000万円を目指せ!ジョイントセミナー」
http://www.exvba.com/sjoint.php

副業不要!年収1,000万円をサラリーマンとしてまっとうに働くだけで稼げるようになる方法を知りたくありませんか。
そんなあなたのための講座です。

高卒,テキ屋,パチプロ,派遣社員からスタート
→時給1,700円で潜り込んだ大手IT系で6年で年収1,000万円の部長
→超有名大手外資系ITの企業で部下150名の営業本部長に。

そんな元スーパーサラリーマン「佐藤しょうおん」さんと、

漁船員,港湾作業現場労働者,難病人,月収15万円,転職採用可能性ゼロからスタート
→日本IBM社内講師
→3年でITベンチャーで年収1,200万円。子会社社長に。

というキャリアを持つ僕とが、コラボセミナーをやります。

グチャグチャな状態から這い上がってきた私達2人が、最強にして最大の「学びのマスターキー」と「キャリアアップのマスターキー」をあなたに授けます。

・何を学んでいいのか分からない
・どう学んでいいのか分からない
・誰の言うことを信じたらいいのか分からない
・人生の貴重な時間を失敗のために浪費したくない
・今いる場所からどう動けばいいのか分からなくなっている
・こんなに努力しているのに、どうして私の人生は好転しないのだろう
・「センスのいい人」って、自分と何が違うんだろう。そこが知りたい。そこを盗みとりたい
・社内での人間関係に苦労している
・自己実現したいのに、肝心の自分の扱いがうまくいかなくて苦労している

もしもあなたがそんな悩みを持っているようでしたら、今回ご案内する講座は、あなたのためのとっておきのものです。

サラリーマンで年収1,000万円を目指せ!ジョイントセミナー」
http://www.exvba.com/sjoint.php

実は、この講座のために僕がいただいた告知募集枠は当初20席分でした。
なのですが、前回のアンケートメールで「興味あるから先行案内が欲しい」と言われた方向けにお知らせしたところ、いきなり18席が埋まってしまいました。

それで、今朝になってあわてて佐藤しょうおんさんにお願いして、さらに10席増席してもらいました。

ということで、このメールを書いている段階で、残り12席です。

このメール配信時間が週末の朝ということもありますが、ぜひ、満席になる前に、内容確認をお願いします。

サラリーマンで年収1,000万円を目指せ!ジョイントセミナー」
http://www.exvba.com/sjoint.php

この講座で主に僕がお伝えするのは、「学びのマスターキー」と、「活用のためのマスターキー」です。

◯僕が何かを学ぶときには、いつもこの「学びのマスターキー」を使っています。
英語でTOEIC900点を取るときも、エクセルマクロをマスターするときも、
マインドマップの書き方を学ぶときも、NLPを学ぶときも。
コピーライティングを学ぶときも、影響力について学ぶときも。
編み物を学ぶときも。
東大に現役受かったときも、当時は気がついていませんでしたが、今思えばこれを使っていました。

◯僕が仕事をするときには、いつもこの「活用のマスターキー」を使っています。
たとえば、今回紹介している告知ページもマスターキーを使って書きました。
かかった時間はゼロからはじめて休憩しながら6時間ほど。
セミナー、教材はすべてこれを軸にして作っていますし、
企業向けのコンサルティングでも、要はやっていることはこれだけです。

ついでに言うと、この2つのマスターキーを普段から使っていると、「人生がますます楽しく、味わい深くなる」という派生効果もあります。

ぜひ、このメールを読まれているあなたには手に入れていただきたいマスターキーです。

サラリーマンで年収1,000万円を目指せ!ジョイントセミナー」
http://www.exvba.com/sjoint.php

佐藤しょうおんさんからは、もう少し具体的なアジェンダの公開許可をいただいています。
以下の項目にピン!と来るようでしたら、それだけで参加の価値があることと思います。

・たった5分で信用を勝ち取る!「優秀なヤツ」と見せるために
上司の前でやるべきこととは?

・一回きりの仕事を「再現可能なノウハウ」にできる、
身体と心と頭の使い方とは?

・「後天的なバカ」をマトモな社員にするための優秀な
上司がやっていることとは?
(つまり、それをあなたに実践すれば、あなたの頭の質も変わります。
部下に実践すれば部下の頭の質も変わります)

・学びのスピードを加速させる「顕在意識」と「潜在意識」の
役割分担と使い分け<とは? ・キャリアアップを促進させる「PDCAサイクル」の 本当の回し方とは? ・「早さ」と「正確さ」、相反する2つの要求に対して、 最速出世する社員が無自覚ながらに選んでいる理想のバランスとは? ・上司の要求を断っているはずなのになぜかポイントのあがる、 「究極の断り方」とは? サラリーマンで年収1,000万円を目指せ!ジョイントセミナー」 http://www.exvba.com/sjoint.php

実は、この講座のために僕がいただいた告知募集枠は当初20席分でした。
なのですが、前回のアンケートメールで「興味あるから先行案内が欲しい」と言われた方向けにお知らせしたところ、いきなり18席が埋まってしまいました。

それで、今朝になってあわてて佐藤しょうおんさんにお願いして、さらに10席増席してもらいました。

ということで、このメールを書いている段階で、残り12席です。

今朝、メールマガジンで正式告知を開始します。
配信部数は合計5,750部です。
早々に枠が埋まってしまう可能性も大です。

このメール配信時間が週末の朝ということもありますが、ぜひ、満席になる前に、内容確認をお願いします。

サラリーマンで年収1,000万円を目指せ!ジョイントセミナー」
http://www.exvba.com/sjoint.php

VBAの知識・スキルを有していると見なされるためには、どの段階まで学習すればよろしいのでしょうか?

達人養成塾小川です。
こんにちは。

以下の様な質問をいただきました。

この度「エクセルマクロ・VBA導入編」の学習を終了致しました◯◯と申します。今後のVBAの学習に関してお尋ねしたく、ご連絡を差し上げた次第です。

現時点で業務においてエクセルを使用する機会はありませんが、時間的余裕のある今だからこそVBAを習得したいと思っています。

VBAの知識・スキルを有していると見なされるためには、どの段階まで学習すればよろしいのでしょうか?

まずは、
エクセルVBA基礎編講座  → エクセルVBA発展編講座1  → エクセルVBA発展編講座2 → エクセルVBA外部連携講座 
というステップで学んでいこうと考えておりますが、学習モデルなどを提示していただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

VBAの知識・スキルを有していると見なされるためには、どの段階まで学習すればよろしいのでしょうか?

ということですが。
「みなす」のが誰がによって、目指すべき段階は変わります。

参考までに、「僕がまあまあ安心して仕事を任せられるレベル」であれば
以下のマクロを2時間くらいで書き上げられるくらいのレベルでしょうか。

マクロを使って、ひとつのデータを元に複数のシートを連続作成

このくらいであれば、「エクセルVBA発展編講座1 」くらいでOKです。

順序としては、以下のような流れですね。
エクセルVBA基礎編講座 エクセルVBA発展編講座1

「イヤでも身体から力が抜けて仕事が楽になるワークショップ」受講生の声

先日行った「イヤでも身体から力が抜けて仕事が楽になるワークショップ」
受講生の浜口 智之さんからの感想をご紹介。

参加してみて
「どうでしたか?」
と聞かれれば
迷わず、
「スゴい講座でした。」
と答えます。

今回も「イヤでもシリーズ」の破壊力は抜群でした。

前回の「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」から、
さらにより深いレベルでの学びを得ることができました。

「気づき」の大切さ、可能性、そして心と体のリンクを
心理面ではゲシュタルト心理学、身体面ではアレクサンダー・テクニークによって学べました。

実は、はじめ、この二つの名前を知らなかったのでちょっぴり不安でもありました。
でも、「イヤでもWindowsとエクセルの操作が早くなるワークショップ」がとても素晴らしかったので
今回も受講してみようと即決して申し込みました。

前半ではゲシュタルト心理学、中盤でアレクサンダー・テクニークの知識、体の動かし方の方法をインストールしてのワークでの実践。

個人的に特に印象に残っているのは最終段階のワーク演習でこの講座で学んで、得たピースが組み合わさったときです。

それはワーク演習中、パソコン操作でトラブル(ctrl+alt+↓で画面を回転させてしまった)に見舞われたとき、アレクサンダー・テクニークの講師である 福井先生のサポートにより失敗してしまったとき特有の体の緊張および、焦りの心理面からリカバリーできたときでした。

その失敗が起きた時にまず、午前に学んだゲシュタルト心理学によって今起きていることに気づき、そこからどうするかの身体的アプローチにおいてアレクサンダー・テクニークがとても強力なツールであるとまじまじと実感することができました。
この二つの組み合わせはスゴいと思った瞬間です。

この深い学びはこの講座だからこそ実現できたものであると思います。
小川先生、福井先生、
素晴らしい講座をありがとうございました。